歴史が好きな方へ

本の題名 真田三代 上巻・下巻  著者名 火坂雅志
あらすじ 武田晴信(信玄)が欲した砥石城を、真田幸隆が攻略する場面から始まる。うち続く乱世の混乱で、ついには武田に属するようになった真田一族だが、これにより頭角を現す。しかし、信州から上州にまたがる山間部の小勢力に過ぎない彼らは、大国の思惑に翻弄される。父親の跡を継いだ昌幸は、生き残りを賭けて各勢力を渡り歩いたために、表裏(ひょうり)比興(ひきょう)の者と呼ばれたほどだ。 一方、昌幸の息子の幸村は、人質として送られた上杉に脈打つ“義”の精神に魅了され、徳川家を敵にまわした戦いに身を投じる。どこか対照的な父と子。だが、その心の底には幸隆から伝わる“小さき者の誇り”が息づいている。
いつ読んだか? 3月上旬ぐらい
選んだ理由 天地人というNHKの大河ドラマを皆さんは知っていますか? その作品の制作者がこの火坂雅志さんです。
お勧めした理由として 天下を統一した豊臣秀吉や徳川家康から見れば、真田家の領地はちっぽけなものですが、 三代にわたって自治権と領民の幸せを守り通します。 内政に干渉してくる大国を、知恵と勇気で撃退した真田家は、現地の実状を理解しないで中央の都合を押し付ける国の政策と長引く不況で疲弊している現代の地方自治体、そして地元に密着して生きる人々に勇気を与えてくれることでしょう。
読んでもらいたい人へ 真田家といえば、やはり忍者。著者は、真田家が各地を放浪する歩き巫女を味方に付けて諸国から情報を集めていたとしています。 さらに、昌幸が上田に城を築いたのは、信濃川の物流網を支配するためであり、第一次上田合戦で徳川の大軍を迎え撃ったのも、血を流して切り開いた土地への執着よりも、経済的な利益を守るためだったとするなど、今まであまり語られることのなかった真田家の経済政策にも目を配っているので、かなりの真田通でも、新たな発見が多いのではないでしょうか。

アメリカの小説の巨匠

【名前】 アクロ・ブラック 【本のタイトル】 星の輝き 上・中・下 【著者名】 シドニー・シェルダン   ・本のあらすじ 星のまばたきは、ちまちまと生きる人間を見ての涙だという。他人さまの金を利用する逆ピラミッドに賭けた怨念のヒロイン。愛唱する詩に導かれて理想の男性を追い求めるが、彼女の前に現われたのは……無人のパーティー会場に立ち尽くすララ・キャメロン。世紀の傷害事件の糸を引くのは誰か? はたして神の裁きは。   ・いつ読んだ本か 1月の初旬。   ・なぜこの本を選んだのか 小説を書き始めたのは1969年からで、第1作は『顔』(The Naked Face)。アメリカ探偵作家クラブ主催のエドガー賞処女長編賞にノミネートされたほか数々の賞を受賞した。第2作『真夜中は別の顔』(The Other Side of Midnight)はその年の『ニューヨーク・タイムズ』でベストセラーとして選出され、後に映画化もされた。映画化された原作は意外に少なく、『血族』(Bloodline)をオードリー・ヘップバーン主演で映画化した『華麗なる相続人』(1979年)などごくわずかである。 一方でテレビドラマ・シリーズ化された原作が非常に多く、シェルダンの作品は映画よりテレビ向きといえる。日本でもシェルダンの作品はたびたび翻案され、テレビドラマ化されている。   ・おすすめポイント アメリカの不動産業界に主人公の女性が挑戦していくストーリーです。貧困からどうしてここまで成功できたかという形の話題です。   ・どんな人に勧めたいか 逆境に立ち向かいながら主人公がストーリーを進めていきます。何故無人のパーティー会場になってしまったかは、読まないとわかりません。長編小説ですので時間がある方にお勧めの小説になっています。    

ぼく、オタリーマン。

【名前】 K.N 【本のタイトル】 ぼく、オタリーマン。 【著者名】 よしたに ・本のあらすじ オタクのサラリーマンのお話。 1ページ字簡潔になっているので、気が向いたときに読める1冊です。 ・いつ読んだ本か 3週間前 ・なぜこの本を選んだのか 八戸校の人気No.1書籍なので ・おすすめポイント 漫画なんですが、短編がたくさん詰まっていて本当におもしろいです。 電車の中や、ちょっとした待ち時間に読むのにピッタリです。 時間がない方にお勧めです!! ・どんな人に進めたいか なかなか本を読む時間が取れない方

禁煙、始めてみませんか?

【名前】 声だけ小栗旬 【本のタイトル】 禁煙アッコ 【著者名】 和田アキ子 ・本のあらすじ 芸能界1のスモーカー、和田アキ子が煙草をやめた。 芸能界を大混乱に陥れた涙と笑いの禁煙ストーリー! ・いつ読んだ本か 2、3週間前 ・なぜこの本を選んだのか 禁煙ブームに乗り遅れた感じですが、 禁煙を始めてみようかと思って読んでみました。 ・おすすめポイント とにかくアッコさんの武勇伝が詰め込まれています。 今まで禁煙に失敗してきた方こそ読んでいただきたいです。 ・どんな人に進めたいか 禁煙したい方 既にタバコをやめた方

祇園花街のお話

【ニックネーム】 A・S

 

【本のタイトル】 さゆり (下巻)

 

【著者名】 アーサー・ゴールデン (小川高義 訳)

 

・本のあらすじ 姉芸者の妨害にあいながらも、花街でのゆるぎない人気を つかむ「さゆり」ですが、戦争によって生活が一変します。 戦争が原因で、何もかもを失ってしまうさゆりですが、 周囲の人達の助けで見事に芸者へと復帰します。 子供の頃からの想い人との関係や同じ置屋で育った芸者仲間 との関係にも大きな変化が訪れます。

 

・いつ読んだ本か 1年前

 

・なぜこの本を選んだのか   芸者さんの世界に興味があったので買いました。

 

・おすすめポイント  ハリウッドで映画化された作品です。  さゆりの心情が細やかに描写されています。  天敵ともいえる姉芸者との戦いや、花街での頂点に立つ     ために味方の芸者とあの手この手を使う様子は、読んで     いると、とてもドキドキします。  花街のオキテについても書かれているので、ちょっとした  豆知識も覚えられます。

 

・どんな人に勧めたいか 芸者の世界に興味がある人 女性の強さがどういう物か知りたい人

 

☆めざせ!資格マスター☆

【ニックネーム】 ナマハゲ【本のタイトル】 すごい検定258-趣味に!仕事に!脳トレに!【著者名】 中村一樹 ・本のあらすじ レアな検定、ユニークな資格だけを258本も集めた 検定のガイドブックです ・いつ読んだ本か 2週間前 ・なぜこの本を選んだのか この本に記載されている「ナマハゲ伝導師」 と「ほら吹き検定」という検定試験に興味をもったからです。 ちなみに、ほら吹き検定の「ほら」はウソツキという 意味ではありませんよ!「ホラ貝」のほらですよ!! ・おすすめポイント それってどういう資格?と訊きたくなるような資格ばかりです。 「脳トレ度」「実用度」「マニア度」「自慢できる度」 の4種類で各検定を評価してあるので、仕事に役立つものから 話のネタとして使えるものまで、目的に応じた検定を探せます。 ・どんな人に勧めたいか 仕事の幅を広げたい方 趣味を極めたい方 教養を深めたい方 話の「つかみ」や「ネタ」がほしい方   

4つのスイッチ

【本の推薦者】ミッフィー【本のタイトル】ヨコミネ式 子供が天才になる4つのスイッチ【著者名】横峰吉文●本のあらすじ子供は競争したがる・真似をしたがる・ちょっとだけ難しいことをしたがる・認められたがる・これらのスイッチをうまく押してげると伸びていく。●いつ読んだ本か2010年3月●なぜこの本を選んだのか「子供はみんな天才」この一言に興味を持ちました。●おすすめポイント「ヨコミネ式」は遊びながら学ばせることが何より大切で、「教える」子育てではなく、「学ばせる」子育てであるということ。●どんな人に勧めたいか教育に携わっている人、子育て中や孫のいる世代

☆海外旅行に行きたい☆

【ニックネーム】 サクランボ【本のタイトル】 世界あっちこっちめぐり【著者名】 さくらももこ ・本のあらすじ 世界中のいろいろな地に旅行して 様々な体験が写真と一緒に掲載されている ・いつ読んだ本か 3ヶ月前 ・なぜこの本を選んだのか 著者が好きだった事と、旅行が好きだから ・おすすめポイント 実際に現地に行った気分になれる ・どんな人に勧めたいか 旅行が好きな人、旅行に興味がある人 

健康に興味がある人はぜひ!

【本の推薦者】みんみん【本のタイトル】病気にならない生き方【著者名】新谷弘実 ●本のあらすじ健康で長生きする方法。たばこ アルコールの習慣を断つことはもちろん、肉食、牛乳、乳製品をやめて毎日の生活に幸福感をもって生活していくこと。 ●いつ読んだ本か4年前に1回と1月前にもう1回 ●なぜこの本を選んだのか毎日の食事の大切さを改めて考えさせられた。 ●おすすめポイント好きなものと体にいいものは違う ●どんな人に勧めたいか健康に気を付けている人

☆奇跡のリンゴ?☆

【ニックネーム】 ペコリン【本のタイトル】 奇跡のリンゴ【著者名】 石川 拓治 ・本のあらすじ 無農薬栽培でリンゴを育てている弘前市(旧岩城町) の木村秋則さんの記録を本にまとめています。 絶対不可能を成し遂げた木村さんの話です。 ・いつ読んだ本か 半年前 ・なぜこの本を選んだのか 以前、テレビで放映されていた事を覚えていたので 読んでみようと思いました。 ・おすすめポイント 表紙を開いた時の言葉が忘れられません。 「リンゴの木は、リンゴの木だけで生きてるわけではない。 周りの自然の中で、生かされている生き物なわけだ。 人間もそうなんだよ。 人間はそのことを忘れてしまって、自分独りで 生きていると思っている。」 この言葉が、心に残ります。  ・どんな人に勧めたいか 農家の方のそうですが、そうでない方にもおすすめです。 
Pagetop