資本と純資産の違いって?ソフトキャンパス仙台校であったご質問にお答えします

1 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 5
みんなのおすすめ度:5.00

9月3日(木)、資格取得から実践スキルまでマンツーマンで学べる仙台駅近くのパソコンスクール、ソフトキャンパス仙台校です。

2020年11月15日(日)は第156回日商簿記検定の検定日ですね。
9月に入ったのでソフトキャンパス仙台校でも勉強に熱が入ってきました!
今日は簿記3級の講座を受けている方からいただいたこちらのご質問についてです。

資本と純資産の違いって?ソフトキャンパス仙台校であったご質問にお答えします

簿記3級や簿記3級に合格して簿記2級の勉強をしている方で
資本と純資産の違いって気になったことがありますか?
先日簿記の5要素の中から、この資本と純資産の違いって何ですか?とご質問をいただきました。
答えは、簿記3級では違うものではなく「同じ」です。とお答えしています。
いまの試験範囲においてはという前提がつきますが意味合いとしては同じなんです。

簿記3級では資本と言い、簿記2級では純資産と表記されている?

ソフトキャンパス仙台校で使用している教材を読むと
日商簿記3級の教材では「資本」と記載があり
日商簿記2級の教材では「純資産」と記載が変わっています。

ここに気付いた方はよく見ているなと思うのですが、これは出題範囲が異なるからなんです。

簿記3級では株主資本である「資本金」「繰越利益剰余金」「利益準備金」の3つが紹介されています。
簿記2級になると株主資本以外に、評価・換算差額等という「その他有価証券評価差額金」が出てきます。
試験範囲で説明するとこんな感じです。

株主資本だけ出題されるので簿記3級の教材では「資本」と表記されていたということですね。

簿記の5要素を「資本」で覚えたら今現在の出題範囲なら間違いないですね。

Line@やTwitterなどでソフトキャンパス仙台校の最新情報を配信していますので是非登録をお願いします!
aa

投票お願いします!!

この記事のおすすめ度は?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
みんなのおすすめ度:5.00
読み込み中...

この記事を配信している
ソフトキャンパスは
いいね!が欲しい

最新情報をお届け!

Twitterフォローもお願いします♪