新宿校でのオンライン授業を快適にするために

0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5
みんなのおすすめ度:0.00

 おはようございます。ソフトキャンパス新宿校です。
 今日はオンライン授業のお話です。

オンライン授業は通信環境を

 オンライン授業に切り替わってWifiの無線だけだと不安定になったりしているのでネットワークの回線の見直しをしています。
 最近在宅ワークが主流になり、一帯の通信速度は落ちているとの事ではありました。
 それでもWifiだと不安定になるので有線LANにすべて引き直すことになりましたた。

無線と有線の通信

 無線と有線だと以前ほど無線だから不安定という事はないのですが速度はやっぱり有線のほうが早いです。また何台もパソコンがあるとどうしても不安定になることもあります。またパソコンの置く場所によって弱くなったりもします。(壁は結構大きく変わります)

オンライン授業に必要な通信速度は?

オンライン授業に必要な回線速度は「10Mbps〜30Mbps」が目安です。早ければ早い方が良いです。

通信速度の計測するサイトはコチラ

有線でつなげた場合

無線でつなげた場合


と同じ環境でも無線と有線だと速度が変わるわけです。
また、この無線の場合受信する側の機器が古いともっと速度は落ちます。

周波帯で無線の弱い強いが変わる 

オンライン授業に使う速度は無線でも十分なのですがそれでもなんとなく音が途切れるという事があります。

2.4GHz

  • 障害物に強い
  • 電波干渉が多い

5GHz

  • 干渉がしにくい
  • 障害物に弱い

60GHz

  • 独特の周波数帯なので干渉しずらい
  • 通信距離も短く障害物にも弱い

とまあこんな感じの理由になるわけですね。Wifiにつなぐ際に同じ名前だけど2.4Ghzと5GHzどっちにつなげばよいのかな?と思う時はこういう差があるってことですね。どっちにつないでも大丈夫ですがその時の環境に合わせて選んであげると良いですね!

こういう難しいことをもっと勉強したい方はコンピュータ実践ネットワーク基礎の授業をおすすめします。

投票お願いします!!

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (評価受付中)
読み込み中...

この記事を配信している
ソフトキャンパスは
いいね!が欲しい

最新情報をお届け!

Twitterフォローもお願いします♪