教育訓練給付金制度

教育訓練給付制度適用で、講座料金が最大20%返ってきます

教育訓練給付制度とは

教育訓練給付制度とは、働く人のキャリアアップを支援し、「雇用の安定」と「再就職の促進」を目的とする雇用保険の給付制度です。
この制度を使えば、受講生本人が支払った入会金・受講料の20%に相当する額(上限10万円)がハローワークから学んだ本人へ支給されます。
ただし、対象者の方、対象講座は指定されています。
対象講座は、厚生労働大臣の指定する講座です。
雇用保険に加入している在職者の方、もしくは雇用保険に加入していた離職者の方がこの指定講座を修了し、ハローワークへ申請した場合に、教育訓練給付制度の適用が認可されます。

教育訓練給付制度の対象者

教育訓練給付制度の対象条件は以下の通りです。
以下の場合に該当した場合でも、必ずお住まいの地域のハローワークにご確認頂くようお願いします。

雇用保険の一般被保険者

厚生労働大臣が指定した教育訓練の受講を開始した日(以下、「受講開始日」という)において、雇用保険の一般被保険者である方のうち、支給要件期間が3年以上ある方が対象です。
初めて給付金を要される場合は、被保険期間が1年以上であれば、対象になります。

雇用保険の一般保険者であった方

受講開始日において、一般被保険者でない方のうち、一般被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内であることが条件になります。
上記条件に加え、支給要件期間が3年以上(給付金利用が初めての場合は1年以上)ある方が対象です。

上記1・2以外の方で、支給要件期間が3年以上の方

受講開始日において、

  • ● 一般保険者の方
  • ● 就職が決まり、一般保険者資格を有している方

は、一般被保険者資格を喪失した日(離職した日)までが1年以内であった場合は、その前の被保険者期間を加えることができます。
その期間を加えた上で、支給要件期間が3年以上(給付金利用が初めての場合は、1年以上)ある方が、対象になります。

支給要件期間が3年以上の方の例

ソフトキャンパスの教育訓練対象講座一覧

各種資格認定スクール

ソフトキャンパスは各種資格の認定スクールです

Pagetop