【完全個別】3DCAD、デザインパースのVectorWorks講座

0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5
みんなのおすすめ度:0.00
2021.02.01 CAD

VectorWorks(ベクターワークス)はMacでもWindowsでも使うことができる3DCADで3DCGのようなレベルの高いデザインパースまで作図することができるCADソフトです。また3DCADだけでなくBIMとしても使うことができる性能が高いCADソフトです。

VectorWorks(ベクターワークス)の3DCAD・BIMソフト

VectorWorksはアメリカのNemetschek Vectorworksという企業が開発している3DCAD、BIMソフトです。日本の代理店はA&Aという会社が行っています。VectorWorks(ベクターワークス)の前衛はMiniCAD(ミニキャド)というMac向けのCADでした。

VectorWorksは初心者でも習得しやすいCAD

VectorWorksは初心者でも習得しやすく、直感的に作図することができるので、初めてベクターワークスを触る人や3DCADの基礎を初めて学ぶ人も習得しやすいです。特にIllustratorを使ったことがある人には操作性が似ているのでわかりやすく、短時間で操作方法の習得が可能です。

インテリアデザインにVectorWorksが選ばれる理由

インテリアデザインをするためのCADソフトとしてVectorWorksが選ばれやすい理由としては、VectorWorksの良い所は1つのCADソフトで3D図面から2Dの作図、レベルの高いパースまでノンストップで作図することができます。空間を作ることや光源を作ることも得意でレベルの高い3Dパースを用いたプレゼン資料を作ることができます。3DCADの中で高度なインテリアデザインプランの作図まで習得する時間が最も少ないのがVectorWorksです。

インテリアデザインの法人研修でも人気

VectorWorksを使ったインテリアデザイン研修は法人研修や新人研修でも人気です。空間や光源を盛り込んだ3Dパースを作図することができ、完全個別なので習得まで最短で行うことができます。また、仕事のオンラインで仕事の合間でも学ぶことができるのでおすすめです。

建築設計に強いベクターワークスの特徴

VectorWorksは日本の建築のCADで歴史があり、ヘビーユーザーが多く企業や個人で設計している人に多く使用されています。一番のメリットはVectorWorks(ベクターワークス)1つのソフトで初心者レベルの2D製図から高い実践レベルの3Dインテリアデザインのパースまでできることです。

  • BIMとしての新機能が多数搭載されている3DCADで作図できる
  • 2Dから3Dの行き来ができ、デザインパースまでトータル的に作図できる
  • 室内展開図ビューポート機能で4面展開図が一度に作図できる
  • 高いクオリティの3Dレンダリングができデザイン性が高いパースを作図できる
  • 光源オブジェクトと光源効果など空間光の再現ができる
  • VRプレゼンテーションができる

VectorWorksはBIM

VectorWorksもBIMソフトであるという事を知らない人もいらっしゃいますがVectorWorksのArchitect、DesignerはBIM機能が搭載されています。

BIMと3DCADの違い

従来の3Dモデルは2Dの図面を作図し、3Dモデル形状を組み立て、CGでシミュレーションする流れだったが、BIMモデルはBIM対応の3次元CADで作図します。

最初から3D作図し、2Dの図面を切り出して作図することにより修正が入った際に、自動で修正を追従し反映します。また、3Dで好きな部分で断面的にカットすることができ、断面図や平面図を自動的に作図することが可能です。

A&AのVectorWorksには5つのランクがある

A&AのVectorWorks(ベクターワークス)には4つのランクがあります。

  • VectorWorksARCHITECT(ベクターワークスアーキテクト)
  • VectorWorksLANDMARK(ベクターワークスランドマーク)
  • VectorWorksSPOTLIGHT(ベクターワークススポットライト)
  • VectorWorksFUNDAMMENTALS(ベクターワークスファンダメンタルズ)
  • VectorWorksDESIGNER(ベクターワークスデザイナー)

があります。建築や内装、景観、照明、などそれぞれ得意な分野があり、ライブラリ(素材データ)にも特徴があります。

VectorWorksは無料で使えるか?

VectorWorks(ベクターワークス)は30日間無料で試用することができるので一度体験版を試しましょう。機能制限はないのでしっかりとVectorWorksを無料で使うことができます。

VectorWorksの無料体験版はコチラ

VectorWorks(ベクターワークス)のバージョンは最高ランクのVectorWorksDESIGNERなのですべての機能試すことができるので手持ちのパソコンが利用できるかも確認しましょう。

VectorWorks試用版はコチラ(A&AのHP)

VectorWorksの動作環境

VectorWorksはWindowsでもMacでも使用可能です。動作環境はA&Aのサイトで確認しましょう。

VectorWorksの動作環境はコチラ(A&AのHP)

1対1の完全個別指導のVectorWorks講座

完全個別指導(マンツーマン)のVectorWorks講座ですが、3DCAD・BIMソフトでWindowsでもMacでも全ての講座のレッスンが可能です。
VectorWorks初心者の方の基礎講座から、実際のパースを実践的に作図しながら学習したい実践講座など受講できるので人気です。

VectorWorks(ベクターワークス)の全てのレッスンが完全個別指導なのはもちろん、全ての講座がオンラインレッスンに対応しています。

VectorWorks講座のおすすめポイント

完全個別のソフトキャンパスVectorWorks講座のおすすめポイントはこちら!

  • VectorWorks関連の講座が多彩で自分に合ったコースを組合せができる
  • 基礎コースだけ、実践コースだけとピンポイントで選ぶことができる
  • オンラインでも通学でも受講できる
  • MacでもWindowsでもVectorWorksが学習できる
  • VectorWorksだけで3DCADでインテリアデザインができる
  • 個別指導だから企業研修でも最短で習得できる
  • VectorWorks全コース完全個別指導で講師の指名もできる

※指名にはエクスプレス制度を利用する必要があります

VectorWorks基礎~実践講座まで

VectorWorksには基礎から始める通常コースと超実践コースがあります。超実践コースは現在の仕事を一緒に作図する完全オリジナルコースです。データを持ち込んだり、データを探すところから一緒に行うことができる1対1の完全マンツーマンだからこそできるオリジナル講座です。

VectorWorksの通常コース

VectorWorksのプレミアムコース講座

完全オリジナルの超実践コースです。企業の資料や建築系の専門学校へ通っている方の課題提出の作品を一緒に作図します。

  • 2次元CADプレミアムコース講座
  • CAD・Word・Excel資料作成プレミアムコース講座
  • 3Dパースレンダリング実践プレミアムコース講座
  • 学校課題・面接課題対策プレミアムコース講座
  • 3Dパース・ウォークスルー制作プレミアムコース講座

3DCADVectorWorksオンライン講座の特徴

完全マンツーマンのスクールが特徴のソフトキャンパスですが通学でもオンラインでも授業が可能です。WindowsでもMacでも対応していますのでいつもの自分のパソコンで授業を受けていただけます。

3DCADVectorWorksオンラインスクールの授業風景

VectorWorks(ベクターワークス)のオンラインスクールの受講風景です。仕事の合間にレッスンを受けたり通学時間が無くなるので仕事をしながら受講される人に人気です。

3DCADVectorWorks講座をオンラインで受ける人のサービス

オンライン授業希望でパソコンがない方はパソコンの貸し出しを行っています。詳細は下記のリンクをクリックしてください。

CAD講座の詳しい情報はコチラ

【完全個別】3DCAD、デザインパースのVectorWorks講座まとめ

【完全個別】3DCAD、デザインパースのVectorWorks講座は基礎から3Dまで初心者からでも幅広いく学び習得することができるのが特徴です。学校に通う通学タイプとオンラインで学ぶ方法、両方のハイブリットでレッスンで学べるのがおすすめポイントです。仕事しながら学ぶ方は通う時間が無くなるので人気です。VectorWorksは基礎講座か実践講座、3DCAD講座が人気の講座です。

投票お願いします!!

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (評価受付中)
読み込み中...

この記事を配信している
ソフトキャンパスは
いいね!が欲しい

最新情報をお届け!

Twitterフォローもお願いします♪