資格試験合格率95%
全コース完全1対1で24年の実績!!! ワードやエクセルなどのMOS(Microsoft Office Specialist)の資格をはじめとするパソコン資格はもちろん、簿記、医療事務、CAD、WEB、プログラム、ネットワークまで幅広い資格を1対1で学べるパソコンスクールです。

Photoshop Elements(フォトショップエレメンツ)ってなに??正式版との違いは?

最終更新日:2019.09.08

photoshopエレメンツ

画像編集・加工するソフトにおいて最強のソフトPhotoshopの廉価版であるPhotoshop Elements(フォトショップエレメンツ)のことを知っていらっしゃいますでしょうか。本家Photoshopにも引けをとらない写真編集、加工を行うことができます。趣味として写真を管理・編集・加工するためにはこのソフトで十分と言えます。
このPhotoshop Elemenntsの機能とPhotoshop正式版との違い、購入方法、写真加工の方法などについて解説をしていきます。

Photoshop Elements(フォトショップエレメンツ)ってどんなソフト?

Photoshop ElementsはAdobe(アドビ)システム社から提供されているソフトで画像加工・写真編集を行うものです。本格的にプロが使用するための設定などはできませんが、家庭用のソフトとしては秀逸でアルバム作成や暗いところで撮った写真を明るくする、カラーを編集して色を変えるなどの加工を直感的に行うことができます。撮影した写真の見栄えを変えてくれるソフトです。

正式版と比べたPhotoshop Elemennts(フォトショップエレメンツ)の機能の違い

正式版のPhotoshopと比べてPhotoshop Elemenntsは機能面では弱くなっていますが、初心者や家庭用として画像編集に使える機能が盛り込まれております。使いやすいのが特徴です。

Photoshop Elements の機能面でのメリット

①画面がシンプルでスッキリ!必要なボタンがすぐどこにあるかわかる!
Photoshop Elementsは画面がすっきりしており、どのボタンがどこにあるのか一目でわかります。使うものは画面上にほぼ出ているので簡潔に操作が可能です。左側にはツールが集まっており、右側には画像加工一覧があります。

②編集機能にガイドがついているので初心者でも安心!
Photoshop Elementsだけが持っている機能として初心者に優しいガイド(ナビゲーション)がついた編集機能があるんです。写真加工のヒントを教えてくれるので「写真加工をこのようにしたい」という希望があればたった数クリックでそのように写真加工ができちゃうんです。だから初心者には優しい機能なんです。

Photoshop Elements の機能面でのデメリット

プロ用として開発されたPhotoshop正式版と比べると機能的にやや劣るところもあります。違いに気をつけてくださいね。Photoshop正式版に慣れている人だと少し戸惑うところもあるかもしれません。

①カラーモードに制限あり
「RGB」のカラーモードしか使用できません。「CMYK」のカラーモードは使うことができません。「CMYK」とは印刷用のカラーモードで、それに対して「RGB」はモニタ用のカラーモードです。つまり印刷したときに画面上の色と異なる色で印刷されてしまう可能性が高いのです。

②明るさ調整の「トーンカーブ」機能がない
「トーンカーブ」とは明るさやコントラストを調整できる機能の1つです。Photoshop正式版にはあるのですが、Photoshop Elementsにはありません。他の機能で代替できますが細かな調整ができません。

③データを扱える種類が少ない
まず「ベクトルデータ」を扱うことができません。イラストなどを使いたいときに不便を感じるかもしれません。そのため「EPS」形式で保存することもできません。
ビットマップ画像のみ扱えます。

④8bitチャンネルしか扱えない
Photoshop Elementsでは8bitチャンネルしか扱うことができません。8bitチャンネルとは白から黒までの階調が256ということです。Photoshop正式版は32ビットチャンネルまで扱うことができるので約42億階調まで扱えるのです!

その他にも下記のような機能の制限があります。

  • アクションが使えない
  • クイックマスクモードができない
  • HDR加工ができない

などが挙げられます。

機能面の比較まとめ

  Photoshop Elements Photoshop正式版
操作の難易度 初心者向け プロ用
カラーモード RGB RGB CMYK HSB
トーンカーブ 使える 使えない
扱えるデータ ビットマップ ベクトル、ビットマップ
チャンネル 8bit 32bitまで

正式版と比べたPhotoshop Elements(フォトショップエレメンツ)の購入価格・契約の違いは?

Photoshop Elementsは正式版と比べて安価に抑えられており、ライセンスの契約面でも違いがあります。購入時の参考にしてください。

購入価格・契約・ライセンス・OSの違い

Photoshop Elementsはライセンスが永続になっております。1度購入すれば同じバージョンであればずっと使うことができます。2019年8月現在では17,800円でAdobeのサイトから販売しております。
Adobe公式サイトhttps://www.adobe.com/jp/products/elements-family.html
体験版であれば30日間以内だと無料で使うことができます。

Photoshopはサブスクリプションのライセンスです。月額または年額で契約をします。
月額契約であれば980円~購入することができます。
AdobeのサイトからIDを作成しダウンロードする際に支払い方法を決めます。
Adobe公式サイトhttps://www.adobe.com/jp/creativecloud/plans.html?promoid=35SVBWSK&mv=other
体験版であれば7日間以内だと無料で使うことができます。

体験版を使用して実際に購入する前に体験版を使ってみて違いを確認してから購入するとよいでしょう。

Photoshop Elements(フォトショップエレメンツ)のパソコンのOSによって違いは?

WindwsとMACで仕様が違ったりすることはありません。画面上の見た目は若干の違いはありますが、機能的にはなんら変わりないので自分が使っているパソコンのOSに合わせて購入するとよいと思います。OSでの違いはほぼないと言えます。

購入価格・契約ライセンスの違いまとめ

  Photoshop Elements Photoshop正式版
ライセンス 永続 月額、年額制
価格 17,800円 月額980円~
購入方法 Adobeのサイトからダウンロード Adobeのサイトからダウンロード

Photoshop Elements(フォトショップエレメンツ)をインストールするパソコンの性能は?

基本現在売っているようなパソコンであれば何でも大丈夫です。
メモリは4GB以上あれば問題ないと思います。8GBあれば快適に動くでしょう。
ただライセンス認証のためにはインターネットに接続できる環境が必要となりますのでご注意ください。

Adobe公式サイト必要システム構成
https://www.adobe.com/jp/products/photoshop-elements/tech-specs.html

詳しくはAdobeのサイトから確認をしてください。

Photoshop Elements(フォトショップエレメンツ)のまとめ

家庭用で使用する目的であればPhotoshop Elementsで十分と言えるでしょう。買い切りなので追加で支払いが必要になることもありません。機能面から見ても初心者に優しい設計となっております。

Photoshop ElementsとPhtoshop正式版おススメタイプ

家族用のアルバム作成 Photoshop Elements
年賀状用写真作成 Photoshop Elements
本格的な画像切り抜き Photoshop
WEB用バナー画像作成 Photoshop

といった感じになるでしょうか。
Photoshop Elementsでもやれることはたくさんありますのでぜひ使ってみてください!

この記事を配信している
ソフトキャンパスを
いいね!で応援してね♪

最新情報をお届け!

Twitterでソフトキャンパスをフォロー!

関連記事

受講コース・資格講座のご紹介

  • 個別レッスンの簿記講座
  • パソコン MOS(Word・Excel・PowerPoint)資格講座
  • 就職に役立つ医療事務の資格
  • CADスクール(Auto CAD・JW CAD・VectorWorks)・資格講座
  • Webデザインスクール・HTML・CSSスキルアップ・資格取得 講座
  • DTPデザイン(Photoshop講座・Illustrator講座)
  • CCNA・LPIC ネットワークエンジニアの資格
  • プログラミングスクール・プログラマー講座
  • 企業研修・新人研修・オリジナルカリキュラム
  • キャリアコンサルタント技能士対策講座・国家資格キャリアコンサルタント講座
  • シニア専門パソコン教室
  • 小学生のためのロボット教室・プログラム講座

PAGE TOP