資格試験合格率95%
全コース完全1対1で24年の実績!!! ワードやエクセルなどのMOS(Microsoft Office Specialist)の資格をはじめとするパソコン資格はもちろん、簿記、医療事務、CAD、WEB、プログラム、ネットワークまで幅広い資格を1対1で学べるパソコンスクールです。

【講師が解説】Photoshopのトリミングをマスターしよう!

最終更新日:2019.09.28

hand-427517_1280

今回は、現役でパソコンスクールの講師をしていて、もちろんPhotoshop(フォトショップ)の授業も担当している筆者が分かりやすく解説していきます。テーマは、「Photoshopでのトリミング(切り抜き)について」です。Photoshop(フォトショップ)での画像加工において、思い通りの形やサイズに切り抜く操作は頻繁に使うので、この場面ではこれ!こういったときはこれ!とツールや操作方法を判断できるよう、それぞれの方法を理解しトリミング(切り抜き)をマスターしましょう!
Photoshop(フォトショップ)を勉強し始めたばかり!というフォトショップの初心者の方でも分かるように説明を行っておりますので、解説を読んでぜひフォトショップのトリミングに挑戦してみましょう。

Photoshopでのトリミング(切り抜き)①周囲との色の差がはっきりとしている画像の場合

自動選択ツールを活用して境界線を認識させることがポイント

Photoshop(フォトショップ)における画像の切り抜きでは、最も短時間でできる切り抜き方法になります。今回のやり方では、自動選択というツールを使います。自動選択ツールは、なんとクリックをするだけで、周りとのコントラストを見分けてすぐに範囲を選択してくれる便利なツールなんです。この部分を切り抜く!と決めた場所の周囲をクリックし、あとはDeleteキーを押して背景を消せばトリミング完了です。

Photoshop(フォトショップ)での切り抜きというと面倒なイメージがある方も多いかもしれませんが、今ご紹介したやり方であればすぐにできてしまいますね。しかし、いくらフォトショップといえども、周囲との色の差があいまいになっているときは境界線を見分けることができず、この方法ではトリミングができないことも。コツとしては、予め素材をデジカメなどで撮影するときに、白背景で撮影することをお勧めします。こうすると、切り抜き部分がはっきりとした写真を撮影することができますよ。

Webで画像を見つける際も、この点に注意していけば切り抜きがしやすくなるので是非お試しください。皆さんもこの方法を練習して、Photoshopを使って短時間で手間をかけずに作業ができるようにしておきましょう。

Photoshopでのトリミング(切り抜き)②周囲との色の差があいまいな画像の場合

ペンツールを用いて思い通りにトリミング(切り抜き)する

先ほどとは異なり、オレンジと黄色、青系と同系色など、色の差があいまいな画像をPhotoshop(フォトショップ)でトリミングしたい!ということもあるかと思います。そんなときにはどのようにすれば良いのでしょうか。そんなときにフォトショップで用いられるのがペンツールなんです。ペンツールを使用すると、自分の好きな形に切り抜きの範囲を選択できるのです。

ですが、この方法はPhotoshop(フォトショップ)の初心者には少し難しいかもしれません。というのも、自分で境界線を書き込むには細かな操作が要求されるからです。手順としては、ペンツールを持ったあとに「パス」を選択し、切り抜きをしたい範囲の周りを順にクリックしていきます。このとき、コツとしては少し内側を意識してみましょう。切り抜きをする画像の周りにきれいなパスを描けるはずです。画像をすべて囲み終わったら、選択した範囲の上のところで右クリックをしたあとに、「選択範囲を反転」させてください。続いて「Deleteキー」で背景を削除します。

Photoshop(フォトショップ)では、この方法を覚えると、どのような形であったとしても自分の思った通りにトリミングが出来ますので、背景とのコントラストなども気にする必要はありません。しかし、Photoshopでペンツールを上手く使って対象の画像だけを囲むのは、テクニックが必要になってきますので、難易度は少し上になりますね。

Photoshopでのトリミング(切り抜き)③サイズ指定で画像を切り抜き

画像の縦×横のサイズを指定する方法!

これまでは、範囲を囲ってトリミングをする方法を見てきましたが、次は縦200px、横300pxというときに大きさを決めたいというときに役立つテクニックです。Photoshop(フォトショップ)では、必要な部分だけを切り抜きして、残りをざっくり削除したいという時には、こちらの操作方法を活用することが出来ます。トリミングを指定すると、画像の周りに枠が表示されます。これを縦・横指定して、確定すれば希望のサイズで切り抜くことが出来ます。

また、Photoshopでは自分でサイズを指定することも出来ますので、大きさを小さくしたいときなどにも活用することが出来て便利なんです。トリミングを持った状態になると、画像の左上にサイズを入力する箇所が表示されますので、縦×横の大きさを入力することで切り抜くこともできます。

Photoshopのトリミングをマスターしよう! まとめ

今回お伝えした画像の切り抜き方法はPhotoshop(フォトショップ)で多様に活用できるスキルの一つなので、何でもいいので素材を準備し、一度やり方をおさらいして、しっかりとトリミングの仕方をマスターしておきましょう!この場面ではどの方法が早いのか、ということを意識し、それぞれツールや操作について覚えていくと上達が早まりますよ。Photoshop(フォトショップ)を使う方は今回紹介した操作について一度試してみてくださいね。

この記事を配信している
ソフトキャンパスを
いいね!で応援してね♪

最新情報をお届け!

Twitterでソフトキャンパスをフォロー!

関連記事

受講コース・資格講座のご紹介

  • 個別レッスンの簿記講座
  • パソコン MOS(Word・Excel・PowerPoint)資格講座
  • 就職に役立つ医療事務の資格
  • CADスクール(Auto CAD・JW CAD・VectorWorks)・資格講座
  • Webデザインスクール・HTML・CSSスキルアップ・資格取得 講座
  • DTPデザイン(Photoshop講座・Illustrator講座)
  • CCNA・LPIC ネットワークエンジニアの資格
  • プログラミングスクール・プログラマー講座
  • 企業研修・新人研修・オリジナルカリキュラム
  • キャリアコンサルタント技能士対策講座・国家資格キャリアコンサルタント講座
  • シニア専門パソコン教室
  • 小学生のためのロボット教室・プログラム講座

PAGE TOP