図形を整列してみよう

illustratorで図形を整列させる機能と方法を知ろう!

0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5
みんなのおすすめ度:0.00
2020.08.01 DTP

Illustrator(イラストレーター)で作成した図形(オブジェクト)は整列出来る機能の『整列パネル』を使うときれいに揃えられます。Illustratorで作成をしていると、【オブジェクトをそろえて配置したい】という事や、【等間隔にうまいことならべたい】や、【中心をそろえて図形を置きたい】など、図形を揃えたい状況は多く出て来ると思います。オブジェクトについてはアンカーとか中心に合わせて、ガイドが出てきたりするので選択ツールを使ってもそろえる事は可能です。しかし手動だとどうしてもずれて配置してしまう事もあります。整列の機能を使ってきれいにそろえられる様にやり方を紹介します。

illustratorの『整列』のパネルを出して機能を使ってみよう

 

 

Illustratorで『整列』の機能を活用する際には『整列パネル』を出して置く必要があります。

 

illustratorの整列パネルを出しました

 

パネルの出し方は、ウィンドウメニューからの操作となりますね。
『ウィンドウメニューを開く』→『パスファインダー』をクリックする
これで『整列のパネル』を出させられます。パネルにはたくさんの便利機能がありますので、自在に出せる様に流れを掴んで行きましょうね。

『整列』でオブジェクトをそろえる時の注意点

Illustrator(イラストレーター)を操作する中で、図形をそろえるやり方にはいくつか注意点があります。
何かを並べたいと思ったら『どこを基準に、どこを揃えるのか』という事を考えなければいけません。『整列』の機能でもここをしっかりと指定しないと狙ったようにオブジェクトが揃わない事があります。
流れとしては『ならべたいオブジェクトを全て指定』→『どこを基準にするのか指定』→『どこを揃えるのか指定する』という感じです。

どこを基準にするのかはillustratorの整列パネルの右下にあるボタンで設定する事が出来ます。
設定出来る場所は次の3つです。

  • 選択範囲に整列
  • アートボードに整列
  • キーオブジェクトに整列

それぞれがどの様に揃うのかがポイントですね。

 

整列パネルでどこに揃えるのかを指定する

 

1つ目の『選択範囲に整列』にすると、オブジェクトを選択した範囲の中でならべられるようになります。左揃えにすれば『一番左にあるオブジェクト』に合うといった感じになります。
2つ目の『アートボードに整列』であればアートボード基準を基準に合わせます。アートボード真ん中に持ってきたいと言う時とかに使用します。
3つ目のキーオブジェクトに整列は、どこのオブジェクトにそろえるのか自分で設定する事が出来ます。選択した図形の中で基準になる図形を設定してならべられます。

『整列』でオブジェクトで図形をきれいにそろえてみよう

実際にillustratorで作成した図形を整列出来る様に操作をしてみます。
図形をきれいにならべるやり方としては、『左右方向に揃える』というのと、『上下方向に揃える』というのがあります。図形のどこの部分をそろえたいのかを考えて設定をしてみましょう。

【図形の整列の仕方①】左右方向の図形の揃え方

図形を適当に作成してありますね。

 

illustratorの図形をこれから揃えます

 

左右方向に揃えるならべ方については、『水平方向の左に整列』と『水平方向の中央に整列』と『水平方向の右整列』の三つがあります。選択した図形に対して横方向をそろえられます。
選択範囲の中でそれぞれをやってみるとこうなります。
・『水平方向の左に整列』を実行した結果

 

左に図形を揃えました。

 

・『水平方向の中央に整列』を実行した結果

 

真ん中を合わせて揃えました。

 

・『水平方向の右整列』を実行した結果

 

右側に揃えました。

 

今回は選択範囲の中でならべるやり方をしていますが、『アートボードを基準』とか『キーオブジェクトを基準』にするとならべられる場所が変わります。試してコツを掴んで行きましょう!

【図形の整列の仕方②】垂直方向の図形の揃え方

垂直方向にそろえてならべるやり方については、『垂直方向の左に整列』と『垂直方向の中央に整列』と『垂直方向の右整列』の三つがあります。選択した図形に対して縦方向に対して図形をそろえられます。
これも基準を選択範囲の中でそれぞれをやってみるとこうなります。
・『垂直方向の左に整列』を実行した結果

 

上に合わせて揃えました。

 

・『垂直方向の中央に整列』を実行した結果

 

真ん中を揃えました。

 

・『垂直方向の右整列』を実行した結果

 

下に揃えました。

 

垂直方向の整列でも、『アートボードを基準』とか『キーオブジェクトを基準』にするとならべられる場所が変わります。いろいろ試して図形を並べてみましょう!

【図形の整列の仕方③】図形の中心を合わせて配置するやり方

最後にillustratorですべての図形の真ん中をそろえて配置をするやり方です。
操作としては難しくなく、【左右の中央】をそろえて、【上下の中央】をそろえる様にやってみると出来る訳ですね。
もちろん先に上下をあわせてからでも大丈夫です。そこの操作としては順番の決まりはありませんので、やりやすい方向でやるようにしてみてくださいね。

 

図形を整列してみよう

 

illustratorの図形を整列させる機能と方法を知ろう|【まとめ】

今回はillustratorで図形を作成した後にきれいに作成した図形を並べるやり方の機能として『整列パネル』を使った並べ方を紹介しました。ポイントは図形を並べる時に『どこを基準に』・『図形のどこの部分を』揃える様に並べるのかという所でしたね。図形を全て選択した後にしっかりと設定するのを忘れないようにしてくださいね。

投票お願いします!!

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (評価受付中)
読み込み中...

この記事を配信している
ソフトキャンパスは
いいね!が欲しい

最新情報をお届け!

Twitterフォローもお願いします♪