【Illustrator(イラストレーター)基礎】図形ツールからイラレを好きになろう!

0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5
みんなのおすすめ度:0.00
2020.08.11 DTP

今日はIllustrator(イラストレーター)のツールから、図形ツールをご紹介します。図形ツールで正方形、角丸長方形、ハート型を作ってみましょう。

デザインするというと、どうしてIllustratorでデザインすると思いますか?なぜか気になりませんか?なぜかと言うとそれはベクターデータだからです!ベクターベータとは線で座標を持ったデータのことで拡大縮小しても画像がなめらかです。
なめらかベクター画像

一方ラスターデータというものがあり代表例は写真データですね。こちらは拡大すると画像がギザギザして見えます。このギザギザはジャギーと呼ばれています。
ジャギーがあるラスターデータ

なので画像を拡大して使いたいという場合にギザギザしてきれいに見えないという欠点があります。ベクターデータでは拡大してもきれいに見えるので拡大縮小して使う場合にはベクターデータの方がきれいに見えます。IllustratorはDTPやWeb制作に欠かせないアプリケーションです。DTPというのは印刷物のことです。チラシや冊子、動画で動かすキャラクターなどベクターデータなので幅広く利用されているんですね!

さっそくIllustrator(イラストレーター)で正方形を作成してみましょう。

まずは図形ツールからイラレを好きになりましょう!

新規作成で白紙の画面を出します。次に左側から長方形ツールを出します。長方形ツールを長押しすると角丸や楕円も選択できます。使うときは長押しで切り替えて下さい。
長方形ツールの場所

長方形ツールをクリックして選んだら、白い画面の上でドラッグして長方形を描きます。ぱっと見きれいな正方形に見えてもちょっとずれている時があります。正確な正方形を描きたいときは、右手はマウスを持ち、左手はキーボードの左下のshiftキーを押します。shiftキーを押したまま右手でマウスをドラッグすると正方形になります。もし正方形にならなかったという人は、ドラッグした後、最後にマウスから先に手を放すようにしてください。これで正方形の完成です。楕円ツールであればshiftキーを押しながらドラッグすると正円になります。
正方形完成

2つ目は角丸長方形です。外側の淵が濃い水色、内側は薄い水色にします。
線と塗り
外側の線はそのまま「線」と言います。内側の色は「塗り」と言います。色の変更は様々あります。今回は白色になっている「塗り」をダブルクリックします。クリックするとカラービッカーというのが表示されます。水色にしたいので右下のCMYK(Cはシアンと言って青い色、Mはマゼンタでピンクっぽい色、Yはイエロー、Kは黒色です)のCを20%、その他のMYKは0%にします。これで水色にします。
カラービットのCMYK

カラーパネル
色の変更方法はこの他にもありますが、カラーパネルがあります。ここに先ほど設定した色が表示されています。次は線をクリックしてCを80%にして濃い水色を作りましょう。是非カラーパネルは見やすいところに置いておきましょう。そのほかツールパネルはウィンドウをクリックしして表示された画面でチェックが入ったものがいま表示されているパネルです。

Adobe CCでできる!コーナーポイントで長方形を変形させて角丸長方形を作る!

色の設定が終わったら角丸長方形を作図してみます。先に紹介した角丸長方形を使ってもいいですが、今回は長方形ツールを使って長方形を描いてから角を丸めて角丸長方形を作図してみます。

コーナーポイント
長方形ツールを選んで長方形を描きます。描いた長方形の角を見ると小さな二重丸のようなものがあります。この小さな二重丸の上にカーソルを持っていき長方形の内側にドラッグします。そうすると四つ角すべてが丸くなります。この小さな二重丸のようなものは角を編集できるのでコーナーポイントと言います。角だから「コーナー」です。わかりやすいですね。これはAdobe CCというバージョンから使えるようになった機能です。感覚的に角の丸めを変えることができて便利です。

選択ツール
あとで編集したいときは、その編集したい図形をクリックで選択する必要があります。改めて選択したいときは、この選択ツールをクリックして例えば今回は長方形をクリックします。クリックするとちゃんと選ばれていれば図形を囲む長方形の枠線が見えていると思います。これはバウンディングボックスと言います。

最後に3つ目、ハートを作成します。

ハートのカラーパネル
カラーパネルから「塗り」を選択したら、CMYKのCは0%、Mは100%、Yは100%、Kは0%にします。今回は「線」はなしにします。なしにするには「線」のボタンをクリックした後、下側に正方形に斜線が入っていているボタンをクリックすると線がなしになります。

図形ツールで丸を変形させてハートにするコツはアンカーポイントの使い方!

ハート型は丸を変形させてハートにします。長方形ツールボタンを長押しして楕円形ツールをクリック、shiftキーを押しながらマウスをドラッグします。このとき正円にするには話すときにマウスの方から放しましょう。次にバウンディングボックスが出ていると思いますのでその上下左右に小さな四角形が8か所あります。

ダイレクト選択ツール

アンカーポイント
そこにマウスを持っていくとアンカーという文字が出てきます。アンカーを動かしてハートにするにはアンカーを動かしたいのでダイレクト選択ツールを使います。動かしたいアンカーは正円の上中央にあるものです。
つぶれた円
これをshiftキーを押しながらまっすぐ下に動かし円の中心よりちょっと上くらいまで下げます。下げたアンカーの左右に線がでていますがこれをハンドルといいます。このハンドルをダイレクト選択ツールで動かします。
片側だけハート
右のハンドルを上に向かって動かします。そうすると上に動かしたハンドルに吸い寄せされるように赤い部分が上に押し上げられます。ハンドルの線を上に伸ばすと鋭角に、短くすると緩やかなハートの形になります。最後にアンカーポイントツールを選択し、円の下側にあるアンカーポイントを下側にドラッグします。これで完成です。
ハート完成

投票お願いします!!

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (評価受付中)
読み込み中...

この記事を配信している
ソフトキャンパスは
いいね!が欲しい

最新情報をお届け!

Twitterフォローもお願いします♪