【Illustrator基本操作】画像を元にシンプル&リアルなイラスト制作全手順

1 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 5
みんなのおすすめ度:5.00
2020.08.26 DTP

Illustratorでりんごのイラストを2パターン作ってみる

Illustratorでシンプルなキャラクター風のイラストと、リアルな写真風のイラストを作成してみます。今回のお題は「りんご」。それぞれ少しのコツで誰にでも作れるようになるテクニックが満載です!ペンツールや画像トレース、散布ブラシの設定を使いこなせるようになりましょう。
今回は、元画像をトレースしてイラスト化する手法で進めます。

初心者はここから。ペンツールと図形ツールを使いこなすシンプルなイラスト


このようなりんごのキャラクターの画像をイラストレーターでトレースしていきます。
画像は少し拡大しており、輪郭がカクカクとなってぼやけています。このカクカクと出てしまうのをジャギーと呼びますが、イラレでトレースすればジャギーは生じません。
これができれば、手書きで書いた下書きの画像なども、取り込んでベクトルデータ化(拡大縮小による劣化のないデータ)することができます。

まずは画像をアートボードに配置します。「ファイル」メニュー→「配置」で画像ファイルを選びましょう。


画像を配置したレイヤーをテンプレートにしましょう。レイヤーパネルのメニューから「テンプレート」を選びます。
そうすることで、間違って元画像を動かしたりすることがないことと、アウトライン表示にしたときにも画像として表示される状態になり、
トレースの作業を行うときに便利です。
アウトライン表示とは、表示メニューから選択できる表示モードですが、塗りや線を排除しパスのみが表示される表示です。
テンプレートでない画像は画像のアウトラインのみが表示されますが、
テンプレートに配置された画像はそのまま表示されます。


ペンツールでキャラクターの輪郭からとっていきます。キャラクターが左右対称なので、
アンカーの位置やハンドルの出し方も左右対称になるように作る
ときれいにできます。

目は楕円ツール、枝は長方形ツール、その他は全てペンツールで作成しています。

「表示」メニューでアウトライン表示からプレビュー表示に戻し、色の設定をしたら完成です。

画像をトレースしてシンプルなイラストを作成する際のポイントをまとめます。

  • 画像をトレースする場合、元画像を配置したレイヤーをテンプレートに設定する
  • アウトライン表示を利用してパスが見やすい状態で作業する
  • シンプルな曲線を作りたい、左右対称な線は左右対称にアンカーを作る

写真をトレースしてリアルなイラストを作成!

次に、りんごの写真をトレースして写真から描き起こしたようなイラストを作ってみましょう。
こちらもまずは写真を「ファイル」メニュー→「配置」でアートボードに配置します。

ここで技です。「画像トレース」を使用して写真を自動でトレースすることができます。
画像を選択し、コントロールの「画像トレース」を押しましょう。
トレース方法は「3色変換」、「6色変換」、「白黒」などを選ぶことができます。
今回は「6色変換」を選んでトレースを実行します。

すると、画像が6色に分解されてイラストっぽくなりました。
自動で6色になるので、個別に色を変えたい部分をその後で直しましょう。
全体に赤くなったので、りんごのお尻の部分の黄色と、枝の茶色の部分を塗りを変更しています。
りんごの下に向かって赤から黄色になる色を再現するため、お尻の部分は赤から黄色っぽいグラデーションにするなど、
部分的にグラデーションにするとまた個性が出てきます。

しかし、Illustratorで画像トレースをすると、全体が平滑になり細かい色が排除されています。
りんごの特徴的な黄色い点が消えています。これを加えましょう。

黄色い点を想定して、ペンツールで適当な点を作ります。まん丸ではなく、わざと歪んだ形にすると自然です。
作成した黄色い点を「散布ブラシ」に設定し、りんごの上に散らばせるよう準備します。
点を選択し、ブラシパネルの「新規ブラシ」→「散布ブラシ」を選びます。

このように設定すると、大きさ、間隔、角度のばらけたブラシができます。
ブラシパネルに散布ブラシが登録されます。

これを、このように適当に作成したパスに適用します。

点々とばらけた黄色い点を追加することができました。一気にりんごっぽくなりましたね。

写真をトレースしてリアルなイラストを作成するポイントをまとめます。

  • 画像トレースを使用して自動的に画像をトレースできる
  • トレース後の画像は細かい部分が平滑になるため、特徴的な部分は別途色の変更をする
  • 散布ブラシを設定し自然に散らばる点を再現できる

シンプル&リアルなイラスト制作全手順 まとめ

いかがでしたでしょうか?
イラスト制作となると、何もない真っ白いアートボードに作っていくのはハードルが高く感じますが、
画像をペンツールでなぞったり、画像トレースで自動的にパスを抽出することで簡単にイラスト化することができます。
色の設定やブラシを加え、ちょっとした工夫でよりよく見せることができるので、チャレンジしてみてください!

この記事の操作は、ソフトキャンパスのYOutubeライブ配信でも行なっています。
Youtubeチャンネルではデザインのレッスンを毎週配信中ですので、ぜひチェックしてください。

投票お願いします!!

この記事のおすすめ度は?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
みんなのおすすめ度:5.00
読み込み中...

この記事を配信している
ソフトキャンパスは
いいね!が欲しい

最新情報をお届け!

Twitterフォローもお願いします♪