資格試験合格率95%
全コース完全1対1で24年の実績!!! ワードやエクセルなどのMOS(Microsoft Office Specialist)の資格をはじめとするパソコン資格はもちろん、簿記、医療事務、CAD、WEB、プログラム、ネットワークまで幅広い資格を1対1で学べるパソコンスクールです。

Excelを使用している時に矢印が動かない!を直す解消法と対処法

最終更新日:2019.09.02

Excelを使用している時に矢印が動かない!を直す解消法と対処法

Excel(エクセル)を使っているときに矢印キーを使うことでセルの位置を動かせるというのはご存知の方も多いかと思います。その他にも、Excel(エクセル)は初期設定ですとEnterキーを押すと一つ下に移動、tabを押すと一つ右のセルに移動することになっており、さらにはキーボードを使わずにマウス操作でセルを移動することもできます。こうしたキーボード操作、マウス操作は使っていてトラブルが起こることはほぼ無いのですが、それに比べExcel(エクセル)で矢印を使っている方法だと、「いつもは上手く動くのになぜか突然動かなくなり、代わりに画面がスクロールするようになって焦った」ということがあり得ます。実際にこうなってしまって困った…という方もいらっしゃるはずです。今回は、Excel(エクセル)でこのような動かないトラブルが起こったとき、どのように対応したらよいのかをご紹介していきたいと思います。

こんなところにExcelが動かなくなった原因が?Scrlkキーって何?

それでは早速、Excel矢印を押してもセルが移動できなくなったときの原因を見ていきましょう。セルは動かないけれども代わりに画面が動いて(スクロールして)いる状態だと思いますが、これにはキーボード上のあるキーが関係しています。それが「Scrlk」です。大きめのキーボードを使っている方であれば、Enterキーの近くに配置されているはずです。このキーの正式名称は「Screen lock」というもので、これを直訳してみると「画面固定」、つまりスクロールに関係しているということが見えてきましたね。これを意図せずに押してしまうことによって、Excelアプリケーション内で矢印キーができる操作がセルの移動ではなくて画面のスクロールに切り替わってしまうということだったんです。そのため、もう一度押し直すと元通りになって解決です!こんなに簡単な理由だったなんてびっくりですよね。ただ、お使いのパソコン、キーボードによっては、このキーが見当たらない…ということもあります。そんなときはどのようにしたらよいのでしょうか。対応の仕方を見ていきましょう。

キーボードにScrlkキーがない!それでもExcelで矢印を動かせるようにするには?

Excelを使用している時に矢印が動かない!を直す解消法と対処法
実は、現在は多くのパソコンでScrlkキーは用意されていないんです。ただ、同じ機能をショートカットキー(あるキーとあるキーの組み合わせ)によってできるようにしてあります。普段コピー(controlとC)やペースト(controlとV)、一回戻る(controlとZ)などはショートカットキーで操作しているという方は多いと思いますが、今回のケースはたまたま押し間違えたことによってショートカットキーが発動してしまったパターンなので、すこし厄介です。各メーカーによってキーの組み合わせが異なっているので、ご自分のパソコンのメーカーや機種を確認してから、該当のキーを押し直すことでまた正常に動くように直すというのもやり方の一つです。代表的なところでいくと、例えばNECだと「Fn」キーと「F12」を同時押し、DELLだと「Fn」キーと「S」または「F5」を同時押し、HPだと「Fn」キーと「Insert」を同時押し、LENOVOだと「Fn」キーと「C」または「K」を同時押しすればスクリーンロックをOnまたはOffに切り替えることができます。ただし、自分のパソコンの型番やメーカーを見てキーの組み合わせがどれかを確認したり、あまり使わないのに覚えてたりしておくというのはちょっとイヤだな…という方もいらっしゃるかと思います。そんな方にオススメの方法をご紹介したいと思います。Windowsを使っている方であればOSの違いはあれども共通して使える方法ですよ。それでは、見ていきます。まず初めに、windowsキーを押します。次に、Windows簡単操作をクリックします。そしてスクリーンキーボードが入っているので、こちらをクリックしましょう。この機能を使うと、画面上にキーボードを表示させてクリックでキーボード入力と同じことをできるようにすることができます。画面上に表示されているキーボードを見てみると…右下のところに探していた「Scrlk」があるのが分かります。こちらをクリックすれば、Excelで矢印キーの機能を元に戻すことができ、見事に問題を解決できます。この方法だと、スクリーン上にキーボードを出す方法さえ覚えておけば、パソコンのメーカーや機種が異なっていたとしてもいつでも対応できるので簡単ですよね。

Excelを使用している時に矢印が動かない!を直す解消法と対処法 まとめ

これまで、Excel(エクセル)を使っていて矢印キーでの移動ができなくなってしまった場合の対応方法について見てきました。普段は当たり前にできることができなくなってしまうと不便ですし、対応の仕方が分からないと調べたり他の人に聞いたりする時間と手間がかかってしまいますよね。そんなときは今回ご紹介したショートカットキーの方法と、キーボードを画面上で表示させる方法を思い出して一人で解決できるようにしておきましょう。操作に慣れている方でもこれらの対応を知らないということは多いので、ぜひ使いこなせるように覚えておきましょう。

この記事を配信している
ソフトキャンパスを
いいね!で応援してね♪

最新情報をお届け!

Twitterでソフトキャンパスをフォロー!

関連記事

受講コース・資格講座のご紹介

  • 個別レッスンの簿記講座
  • パソコン MOS(Word・Excel・PowerPoint)資格講座
  • 就職に役立つ医療事務の資格
  • CADスクール(Auto CAD・JW CAD・VectorWorks)・資格講座
  • Webデザインスクール・HTML・CSSスキルアップ・資格取得 講座
  • DTPデザイン(Photoshop講座・Illustrator講座)
  • CCNA・LPIC ネットワークエンジニアの資格
  • プログラミングスクール・プログラマー講座
  • 企業研修・新人研修・オリジナルカリキュラム
  • キャリアコンサルタント技能士対策講座・国家資格キャリアコンサルタント講座
  • シニア専門パソコン教室
  • 小学生のためのロボット教室・プログラム講座

PAGE TOP