掛け算の関数

Excelで掛け算の仕方・関数のPRODUCTの使い方

0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5
みんなのおすすめ度:0.00
2020.01.28 MOS

Excel(エクセル)に掛け算の関数のPRODUCT(プロダクト)関数というのがあります。関数でかけ算をやった事はありますか?足し算や引き算・掛け算・割り算など四則演算については、Excelの場合は計算式を作って計算している人も多かったりするんです。掛け算をしたい時には『*』(アスタリスク)を使いましたね。でも、掛け算したい項目が増えてくると、1つ1つセルを選んで計算式を書くのは大変ですよね。
そこで、Excelの関数の登場です!PRODUCT関数を使えば、計算したい数字の個数が多くても簡単にかけ算出来ます。掛け算を使う場面と言えば

  • Excelの表に入れた単価と数量から金額を計算する
  • 1部署の人数と部署数から全人数を求める
  • 各月の売り上げから年間の売上合計を計算する

等など・・・使われる場面は様々ですね。
今回は、エクセルで掛け算をする時の計算式の書き方の確認と、PRODUCT関数を使った時の掛け算方法について説明します。Excel初心者でも掛け算が出来ちゃいます。参考にして下さいね。

PRODUCT関数の説明の動画はこちらから↓↓

 

 

掛け算をExcelで計算式の作成でやってみる|四則演算の確認

四則演算(足し算・引き算・掛け算・割り算)をExcelでやろうと思ったら、算術記号を使用した計算式でやる方法もありますね。記号は以下の通り

Excelの四則演算の記号
計算 算術記号 Excelでの記号
足し算(加法)
引き算(減法)
掛け算(乗法) × *
割り算(除法) ÷ /

掛け算と割り算が算数の計算で使用する記号と変わりますね。掛け算の場合は『*』(アスタリスク)を使用します。割り算は『/』(スラッシュ)ですね。計算式の書き込み方としては、【=A2*B2】【=5*2】のような形になりますね。
Excelで活用する記号はすべて半角になるので間違えずに書きましょう。

Excel(エクセル)でかけ算をするPRODUCT関数の記入法

かけ算をエクセルで式を作成する方法をやってみました。初めにお伝えした通り、このかけ算の計算式を書き込んでやるやり方は、数値の数が少ないのであればいいですが、10個とかそれ以上になってくると大変ですよね。そこでExcelのかけ算の関数の登場ですね。PRODUCTの書き方は以下の様になります。
『=PRODUCT(数値1、数値2・・・・)』

  • 引数に入った数字のかけ算(乗法)をします
  • セルを選択しても計算可能です
  • 離れたセルに入っている数字でも指定出来ます

引数の指定の仕方は、他の四則演算と同じ形になっていますね。Excelの関数にあるSUMとかAVERAGE、QUOTIENTなどと同じ様な作成の仕方で、引数に指定したセルの範囲の数字をかけ算してくれるのは便利ですね。

PRODUCTでExcel(エクセル)を使った掛け算をやってみよう!

関数の『PRODUCT』でかけ算の答えをExcelに出してみよう。今回は、『単価』と『数量』から金額を出す計算を行います。ちなみに四則演算では=『単価』*『数量』と書き込めばかけ算できますね。
では関数の活用してみるとどうなるでしょうか?
Excelでの計算法の流れを確認しましょう!

 

掛け算を関数を使ってやってみます

 

1.掛け算で金額を出す部分に『=PRODUCT(』と関数を書き込みます。

 

プロダクト関数を書きました。

 

2.引数の部分には、『単価』と『数量』のセルを選択します。

 

掛け算の数値を指定します

 

3.関数を決定すれば解答が分かります。
しっかりと合計の数値が出されていることが分かります。

 

掛け算の答えが出ました。

 

ちなみに、消費税を考えて金額を計算する時には、金額に『1.1』を掛け算する事で出てきますね。PRODUCTを使ったかけ算で求められますね。

エクセルで掛け算の仕方・関数のPRODUCTの使い方|【まとめ】

Excel(エクセル)で行うかけ算の関数についての内容でしたが、いかがでしたでしょうか?SUMなどと同じ様な感覚で活用出来るので理解しやすいのが良い所ですね。しかし、POWER関数の時と同じく、四則演算は計算式も簡単に作れるので、掛け算の関数を知らない人も多かったりする訳なんですね。
今回の関数についてまとめると

  • PRODUCTは引数に指定した数の乗法(掛け算)の計算が可能
  • 引数は、数値かセルの選択で行う
  • マイナスの数値も掛け算可能

ですね。前回Excelでべき乗の計算の説明をしましたが、頑張ればPRODUCTでの掛け算でも可能です。同じ数字を指数と同じくらい設定すればよいという事になります。べき乗の関数を活用するのが楽なのであまりやらない事ではあるんですけどね・・・・・
今回は掛け算をExcelでやる関数の『PRODUCT』の使い方を説明しました。初心者向けのエクセルの教科書とかにあまりこの掛け算の関数が乗っていないので知られていなかったりしますが、便利なので覚えておきましょう。他の四則演算用の関数も存在するので随時説明していきます。活用方法まで参考にしてみて下さいね。

投票お願いします!!

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (評価受付中)
読み込み中...

この記事を配信している
ソフトキャンパスは
いいね!が欲しい

最新情報をお届け!

Twitterフォローもお願いします♪