資格試験合格率95%
全コース完全1対1で25年の実績!!! ワードやエクセルなどのMOS(Microsoft Office Specialist)の資格をはじめとするパソコン資格はもちろん、簿記、医療事務、CAD、WEB、プログラム、ネットワークまで幅広い資格を1対1で学べるパソコンスクールです。

Excel関数で今日の日付、日時を表示しよう【TODAY】【NOW】の使い方

最終更新日:2020.02.24

日付と日時の関数

Excel(エクセル)で日付や日時を使う場合って多いですよね。自動で今日の日付、今現在の日と時刻を表示させたい、活用したいという時には、【TODAY】(トゥデイ)関数、【NOW】(ナウ)関数が便利です。データを開いた日が分かるように、開くたびに自動で本日の日付が表示される様にしてみたり、今日から目標の日付までの残り日数をカウントダウンして見たりする時に使える訳ですね。日数のカウントダウンでは【TODAY】や【NOW】だけでは計算出来ないので、他の関数を組み合わせる必要があります。
今回は、【TODAY】と【NOW】関数の違いについてと記入方法、日数のカウントをする方法について説明します。参考にしてくださいね。
『TODAY』と『NOW』関数の説明はこちら↓↓

 

 

Excelに今日の日付を表示させる!【TODAY】関数の活用!

最初に、今日の日付をエクセルに表示をさせられる【TODAY】関数から紹介します。関数の中でも記入方法はシンプルで、引数などは使いません。特徴を掴んで行きましょう!

【TODAY】関数の記入方法とは?

『=TODAY(〕』

  • 引数の指定は必要ありません。
  • PCに設定されている現在の日付が表示されます。
  • パソコンの日付を変えると表示される日付も変わります

引数が存在しない関数になるので、【TODAY】と書けば完成になります。パソコンに設定されている現在の日付が自動で表示されます。パソコンの日付を変更していた場合は、正しい日付にならないので注意が必要になりますね。

関数でExcelに日付の表示!【TODAY】の活用

では、日付の表示を行ってみましょう!活用法はとっても簡単で、手順も短いです。

1 日付を書き込みたい所に、『=TODAY()』と書き込みます。引数には何も書く必要がありません。

 

TODAY関数を書きました。

 

2 エンターキーを押したら完成です。現在の日付が表示されていますね。

 

本日の日付が出ました

 

日付の表示は、表示形式の変更から変えてください。表示形式を変える事で、『年月日』にしたり、『〇月〇日〇曜日』の様に表示したりさせる事も出来ます。

Excelに今の日時を表示させる!【NOW】関数の活用!

2番目に、【NOW】の活用について紹介します。関数の形式などについては【TODAY】と大差無いので、こちらも間違わずに使って行けると思います。違いを掴んで行きましょう。

【NOW】関数の記入方法とは?

『=NOW(〕』

  • 引数の指定は必要ありません。
  • PCに設定されている現在の日付と時刻が表示されます。
  • パソコンの設定を変えると表示される日付と時刻も変わります

こちらも引数が存在しない関数になるので、【NOW】と書けば完成になります。パソコンに設定されている現在の日付と時刻が表示されます。自動で時間まで表示させたい、時間のカウントダウンをさせたいという時には【NOW】を活用する事になります。

関数でExcelに日時の表示!【NOW】の活用

では、時刻と日付までの表示を行ってみましょう!こちらも活用法はとっても簡単で、手順も短いです。

1 日時を書き込みたい所に、『=NOW()』と書き込みます。引数には何も書く必要がありません。

 

ナウ関数を書きました

 

2 エンターキーを押したら完成です。現在の日付と時刻が表示されていますね。

 

日時が表示されました。

 

こちらも表示については、表示形式の変更から変えてください。ユーザー定義の表示にすれば、『〇月〇日〇時〇分』という様な日本語の表記も可能となっております。

『Excel関数活用編】今の日付からカウントをやってみよう

今の日付や時刻を出せることによって、目標の日までどのくらいの日数があるのかなど求める事が出来る様になります。【TODAY】と【NOW】を活用すれば自動で変わるので、毎回計算しなおさなくても、日数を減らしてくれるので便利になる訳ですね。

<h3>日付を計算出来る様にしてみよう!

どの様に作っていくかという事ですが、日数だけを表示させるのであれば、『目標の日付―現在の日付』で計算します。
具体的には、

  1. 目標の日付を入力
  2. TODAY関数を入力
  3. 『目標の日付―現在の日付』の計算式を入力

という感じです。結果は以下の通りです。

 

日数の計算をしました。

 

残り何日かの日数が表示されてますね。

Excel関数で今日の日付、日時を表示しよう【TODAY】【NOW】の使い方|【まとめ】

Excel(エクセル)で日時や時刻を表示させる為の関数を2つ、『TODAY』と『NOW』の紹介をしました。引数が無い分、他の関数と比べるとシンプルで間違いにくいかと思われますね。
違いについてまとめると

  • 『TODAY』はPCに設定されている日付が表示される
  • 『NOW』はPCに設定されている日付と時刻が表示される
  • どちらも引数は必要なし

という形です。
形がシンプルだからこそ、間違う事なく、活用出来る様にしておくことが必要になりますね。
ポイントを掴んで活用出来るようにしておきましょう!

この記事を配信している
ソフトキャンパスを
いいね!で応援してね♪

最新情報をお届け!

Twitterでソフトキャンパスをフォロー!

関連記事

受講コース・資格講座のご紹介

  • 個別レッスンの簿記講座
  • パソコン MOS(Word・Excel・PowerPoint)資格講座
  • 就職に役立つ医療事務の資格
  • CADスクール(Auto CAD・JW CAD・VectorWorks)・資格講座
  • Webデザインスクール・HTML・CSSスキルアップ・資格取得 講座
  • DTPデザイン(Photoshop講座・Illustrator講座)
  • CCNA・LPIC ネットワークエンジニアの資格
  • プログラミングスクール・プログラマー講座
  • 企業研修・新人研修・オリジナルカリキュラム
  • キャリアコンサルタント技能士対策講座・国家資格キャリアコンサルタント講座
  • シニア専門パソコン教室
  • 小学生のためのロボット教室・プログラム講座

PAGE TOP