平均と相乗平均と調和平均を求める

Excelで平均の出すには?相乗平均と調和平均を計算してみよう!【GEOMEAN】【HARMEAN】関数

1 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 5
みんなのおすすめ度:5.00
2020.06.13 MOS

Excelで平均の計算するAVERAGE関数以外にも関数が在るのは知っていますか?相乗平均を計算する時には『GEOMEAN(ゲオ・ミーン)関数を、調和平均を計算する時には『HARMEAN(ハー・ミーン)』関数を使います。ちなみに『AVERAGE(アベレージ)』関数で計算出来るのは算術平均と言われて、一般的に算数とかでも習う平均なんですね。実は平均値は、この算術平均だけでは正しく求められない物もあるんです。その時に使うのが相乗平均と調和平均になる訳なんですね。この2つの平均値を計算したいという時にも関数がExcelには用意されているんです。そこで今回は相乗平均を計算する『GEOMEAN』と調和平均を計算する『HARMEAN』について紹介します。Excelで自分で計算式を作って計算してたという方は必見ですね!
『GEOMEAN』と『HARMEAN』関数の説明動画はこちら↓↓

 

 

先に『調和平均』と『相乗平均』の計算をチェック!

さて調和平均と相乗平均ですが、計算式はどうなるでしょうか?初めて聞く人もいると思います。それぞれの計算式はこうなります。

計算 計算式 例:数値が3つの場合
相乗平均 (a×b×c)の3乗根
調和平均 (1/a + 1/b + 1/c)×1/3

こんな感じになります。
相乗平均は割合の平均を求める時などで使用したりします。昨年は前年比10%アップ、今年は前年比15%アップ。この2年の前年比の平均は何%か、みたいな数値を求める時の話ですね
調和平均は、速度の平均を求める時などで使われたりしますね。他と比べると使う機会は少ないかもしれませんね。

Excelで相乗平均の計算を関数でやる!【GEOMEAN】を使いこなそう!

では最初に『GEOMEAN』での相乗平均の計算について確認をして行きましょう。
実はこれらは、自分で計算をしてみようと思うと大変だったりしますが、関数を活用してExcelで数値を求めるのは簡単です。引数を指定すれば終わりですね。やり方をチェックして行きましょ!

Excelで相乗平均を計算する!【GEOMEAN】関数の引数と使用法

それぞれの関数の引数と活用方法についてまとめてチェックして行きましょう!
関数の計算式は
『=GEOMEAN(数値1、数値2、・・・・・数値N)』

  • 引数に指示した数値の相乗平均を計算します
  • 引数に『0』が入ると計算の性質上エラーになります。

関数の書き方はシンプルですね。引数に指定する数値に気を付けて下さいね。

Excelで相乗平均を計算する!【GEOMEAN】関数の使用例

実際にエクセルで、この関数での計算をやってみます!
数値を準備しています。あとは引数を指定するだけです。
1.計算結果を表示させる所に『=GEOMEAN(』と書きます

 

GEOMEAN関数を書きました。

 

2.引数に相乗平均を計算させたい数字を書き込みます

 

相乗平均の数値を指定します。

 

3.確定させて結果を見てみましょう。相乗平均が計算出来ていますね。

 

相乗平均が求められました。

 

Excelで調和平均の計算を関数でやる!【HARMEAN】を使いこなそう!

2つ目ですね。『HARMEAN』での調和平均の計算について確認をして行きましょう。
計算の場面は少なめなのが調和平均ですが、分数の計算になっていくので関数で求められたらかなり便利ですね。

Excelで調和平均を計算する!【HARMEAN】関数の引数と使用法

それぞれの関数の引数と活用方法についてまとめてチェックして行きましょう!
関数の計算式は
『=HARMEAN(数値1、数値2、・・・・・数値N)』

  • 引数に指示した数値の調和平均を計算します
  • 引数に『0』が入ると計算の性質上エラーになります。

関数の書き方はシンプルですね。
相乗平均の時と同じ様に引数に指定する数値に「0」があるとエラーなので気を付けて下さいね。

Excelで調和平均を計算する!【HARMEAN】関数の使用例

実際にエクセルで、この関数での計算をやってみます!
数値を準備しています。あとは引数を指定するだけです。
1.計算結果を表示させる所に『=HARMEAN(』と書きます

 

HARMEAN関数を入力しました。

 

2.引数に調和平均を計算させたい数字を書き込みます

 

引数を指定しました。

 

3.確定させて結果を見てみましょう。調和平均が計算出来ていますね。

 

調和平均を求めました

 

Excelで平均の出すには?相乗平均と調和平均を計算してみよう!【GEOMEAN】【HARMEAN】関数|【まとめ】

Excel(エクセル)での平均値の計算として、調和平均と相乗平均の計算で使える関数について紹介しました。『HARMEAN』も『GEOMEAN』も実際に計算するのが大変でも、関数であれば一発で出て来るので便利ですよね。
計算の性質上、『0』の時はエラーになりますので、うまく計算出来ていないという事があれば、引数の内容を確認をして確かめる様にしましょう!
ちょっと特殊な計算をする関数でしたが、関数を覚えて使って行きましょう!

投票お願いします!!

この記事のおすすめ度は?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
みんなのおすすめ度:5.00
読み込み中...

この記事を配信している
ソフトキャンパスは
いいね!が欲しい

最新情報をお届け!

Twitterフォローもお願いします♪