パワーポイントで試料表紙の作成!デザイン性の高いおしゃれな表紙が出来ちゃいます!

0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5
みんなのおすすめ度:0.00
2020.11.05 MOS

デザイン性の高い表紙でまわりと差をつける!様々なシーンで活用できるパワーポイントのテクニックをご紹介します!

みなさんパワーポイントでプレゼンテーション資料を作成をされる際、表紙はどうされていますか?テンプレートを使ったり、デザインテーマを使ったりされている方が多いかと思います。もちろんこれらのアイテムも効率的にデザインを統一することができるので、すごくよいツールではあるのですが、プレゼンテーション=人に見せるもの、さらにいうと表紙はまず最初に目に入るもの!つまりその資料の、第一印象となるわけです。資料の内容も重要ですが、まずは第一印象で人の目を引くことができるデザイン性の高い表紙を作成してみましょう!ソフトキャンパスでは動画も配信しておりますのでこちらもご覧ください。

[パワーポイント】チェック柄のデザインで 資料表紙をつくってみよう

パワーポイント(PowerPoint)は資料作成やプレゼンやチラシ広告などをおしゃれに作ることができる優れたアプリです!自由度も高く、様々なデザインでビジネスシーンから学生の方まで幅広い世代で活用することができます!

パワーポイントならではの自由さを活用しちゃいましょう!

パワーポイントの優れているところは、なんといってもその自由度の高さです!お仕事などでプレゼン資料を作成するためのアプリですので、用途に合わせたデザインで自由に作成する事ができます。画像や図形の配置もほかのオフィスソフトより操作がしやすく、より自分好みのプレゼン資料が作れます。佐川先生のプロフェッショナル講座でも、その自由度を生かしたとってもステキでデザイン性の高いおしゃ表紙が完成しています!

パワーポイントは工夫次第で無限大にデザイン性が広がる!

パワーポイントでおしゃれなデザイン性の高い表紙を作成するには、やはり創意工夫!これが大切になってきます。ですが、使用する図形や色合いをしっかりとつかみ取ることができれば、実は再現するのはそこまで高度なテクニックでもないんです。
佐川先生のプロフェッショナル講座で作成したチェック柄表紙、実はこちらは四角形の図形のみで構成されています。四角形のサイズと色を調整して重ねて並べて、あのようなステキな表紙になっています。おもしろいですよね!デザインソフトが無くてもビジネスソフトでこんなにデザインが楽しめるんです!作成した模様の色合いを変えるとまた違う雰囲気にもできるので、ぜひ様々な模様を作ってみてくださいね。

プレゼンテーションは表紙が大切!第一印象で見る人を引き込む!

プレゼンテーションは仕事で営業担当の方などが、新しいプロジェクトの提案であったり、事業の内容などの紹介であったり、スクリーンを使用して多くの人に見せる場面に使われることが多いです。多くの人々に見てもらうためには、やはり人目を引き付けるデザインということはすごく大切です!

第一印象をよくして理想のプレゼンをしましょう!

第一印象がよいとそのあとの取引や関係もうまくいったり、逆に第一印象が悪いとそれが上手くいかなかったり、、、といったことを耳にします。プレゼンテーションでいう第一印象とはズバリ表紙です。プレゼンをする際に一番最初に見せるのはやはり表紙ですよね。まさか、中途半端なスライドや最終スライドからプレゼンを始めるなんて方はいないと思います。多くの人をまず表紙で引き込んで、そこからプレゼンをスタートすることが理想のプレゼンであると思います。高度なテクニックを用いなくてもポイントやコツをつかんでステキな表紙を作成していきましょう!今回の動画ではチェック柄の作成方法の紹介ですが、作りたい模様がどのような形の組み合わせでどのような色合いなのかに注目して作ることで、デザイン表紙の幅はいくらでも広げられますよ!

図形を重ねたり、サイズを変えて組み合わせましょう!色の透明度でよりおしゃれ具合もアップします!
上記の動画では、画像を綺麗に重ねるコツや色の設定についての操作方法も紹介しています。ここが模様を作る重要ポイントになりますので、ぜひしっかりと覚えて活用していきましょう。

材料をまずはそろえるところから!色を変えて材料を集めたら重ねて組み合わせていざ模様を再現!

作成したい模様に必要な図形を挿入するところから始めていきましょう。どの図形がどのくらい必要なのかをきちんと把握して図形を挿入していきます。こちらの動画では、チェック柄に必要な材料の紹介からしているのですぐにまねできる内容になっています。材料をそろえ、サイズや色などの設定をしたら、いよいよ画像を重ねてチェック柄の作成に入っています。効率よく作成できるポイントも併せて紹介されているのでまねがしやすいです!

操作をばっちりにしてパワーポイントをフル活用!

デザイン表紙を作成するには、図形を挿入する、サイズを変える、図形の色を変更する、といったある程度の操作方法の習得が必要になってきます。ソフトキャンパスでは、プレゼンテーション作成に必要な操作方法から覚えておくと便利!という操作方法まで、講師と1対1のマンツーマン授業で指導しています!基礎から勉強したい方も、もっとおしゃれなデザイン性の高いプレゼンが作りたい!もっと見やすくするには?といった実践的なテクニックもお任せください!

パワーポイント、デザイン表紙まとめ

いかがでしたでしょうか?パワーポイントのおもしろさは知って頂けましたでしょうか?プレゼンテーションの表紙は、その資料の顔にあたります。ぜひおしゃれな表紙を作って見てくださいね。ビジネスソフトの中でも奥深い、デザイン性と自由度の高さが自慢のアプリ、パワーポイントを紹介させていただきました。これからも毎週の動画配信を予定していますので、多くの方に参考にしていただけると嬉しいです!見ない・聞かない・言わない!佐川先生のプロフェッショナル講座は毎週木曜日に配信中です!ぜひご覧ください!

投票お願いします!!

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (評価受付中)
読み込み中...

この記事を配信している
ソフトキャンパスは
いいね!が欲しい

最新情報をお届け!

Twitterフォローもお願いします♪