日商簿記1級原価計算意思決定問題対策講座

日商簿記1級原価計算意思決定問題対策では出題頻度の高い意思決定問題の解き方に特化し確実に得点する方法について伝授します。
意思決定の計算方法は実は得点しやすいジャンルです。知っていれば確実に得点できるのでこの対策講座を通して得意分野にしてしまいましょう。

  • 特徴
    1

    意思決定の計算方法は決して難しくなく、満点を目指すためのコツを伝授

  • 特徴
    2

    間違えやすい箇所を解答のヒントに変える手法を身につけることができる

  • 特徴
    3

    時間価値を考慮するかしないかの2つの判断基準を身につけて試験対策

1対1のソフトキャンパス日商簿記1級原価計算意思決定問題対策のカリキュラム・概要

日商簿記1級原価計算意思決定問題対策

5コマという限られた時間内で意思決定問題に対する問題に特化して行う日商簿記1級原価計算意思決定問題対策のカリキュラム内容

1時間目

差額原価収益分析 A案とB案のどちらがいくらお得?の差額原価収益分析について、A案、B案およびC案の3つを比べるときは、A案とB案、B案とC案、C案とA案を比べることで判断します。

2時間目

業務執行上の意思決定 業務執行上とは、今すぐ判断しないといけない意思決定ですから時間価値(金利)を考慮しない意思決定になります。

3時間目

設備投資の意思決定 設備投資は数年間に渡って使用するものですから、時間価値(金利)を考慮する意思決定になります。

4時間目

設備投資のC/F予測 設備投資を行うことで得られる年々の増分現金流入額を現在価値に割り引いて投資案の優劣を判断します。

5時間目

LCC、QC、ABC ライフサイクル・コスティング(LCC)はスタートから廃棄されるまでのすべての期間を対象とした意思決定、品質原価計算(QC)は品質適合コストと不適合コストの最適点、活動基準原価計算(ABC)は製造間接費の配賦基準を直接作業時間や機械運転時間ではなく、活動(回など)で配賦しようとするものを指します。なるほど!と思える計算方法について学習します。

日商簿記1級原価計算意思決定問題対策の難易度・受講時間・講座料金

難易度 ★★★★☆
受講時間 5コマ
範囲 日商簿記1級

コース料金(税込)
受講料
テキスト代
31,900円
0円
合計 31,900円

日商簿記1級原価計算意思決定問題対策の無料体験コースはこちら

考える過程が重要な日商簿記1級原価計算意思決定問題対策は、講師の指導をマンツーマンで受けることでより効率的に覚えることができます。1対1のマンツーマンレッスンを体験すれば、一人で悩むより解説を聞いて理解した方が速く、確実に覚えられることを実感していただけると思います。

CASE
A

簿記1級原価計算意思決定問題対策を
これから勉強したい1級初心者

  1. 日商簿記1級意思決定問題ってどんな問題が出題されるの?
  2. 問題を読めば判断のポイント、解答のヒントが分かるようになろう!
  3. 日商簿記1級意思決定の考え方・解答手順とは?

CASE
B

日商簿記1級原価計算意思決定問題が
苦手な方

  1. 多くの日商簿記1級受験者が引っかかるポイントをお伝え!
  2. 問題文のどこを見ればいい?解答への近道教えます。
  3. 日商簿記1級原価計算意思決定問題を得意科目に変えるポイントとは?