日商簿記2級試験第4問5問対策講座

日商簿記2級試験第4問5問対策講座では、日商簿記2級の第4問(工業簿記)、第5問(原価計算)で満点を取るための対策講座です。
第4問と第5問の問題と合格答案の作成方法について学習します。
同じ内容の問題でも第4問と第5問では解答の仕方に違いがあることを伝授します。

  • 特徴
    1

    作問者の出題の意図を理解することにより満点答案作成のコツを伝授

  • 特徴
    2

    一つの問題から複数の解答方法を知ることによって誤答を防ぐテクニックを習得

  • 特徴
    3

    日商簿記2級試験第4問5問対策で、問題を読んで解答の糸口を見つけられるようになる

1対1のソフトキャンパス日商簿記2級試験第4問5問対策のカリキュラム・概要

日商簿記2級試験第4問5問対策

5コマでもしっかりと学べる。仕事にもすぐに役立つ日商簿記2級試験第4問5問対策のカリキュラム内容

1時間目

費目別計算(第4問) 材料、労務費および経費の購入から消費までの計算、仕訳および勘定記入について解き方のコツを伝授します。第4問で頻出していますので要注意!

2時間目

個別原価計算(第4,5問) 受注生産に適用される個別原価計算。
個別原価計算表の作成および勘定記入の方法について、勘定連絡図を基に導きことで解き方のコツを伝授します。

3時間目

総合原価計算(第4,5問) 小さくまとまった平均法とダイナミックな先入先出法の計算ボックスの作成方法についてA4版2枚のレジュメでまとめ切ります。
また、仕損品評価額の有無などの扱いも計算ボックスの性質を通してコツを伝授します。

4時間目

標準原価計算(第4,5問) 勘定連絡図を基にシングル・プラン、パーシャル・プランの違いを、また原価差異の分析が何故必要なのか?という点から導きます。

5時間目

直接原価計算(第4,5問) 直接原価計算方式と全部原価計算方式の損益計算書の違いから固定費調整の計算、CVP分析から利益管理へ、勘定連絡図と計算の流れを基に無理なく理解していただきます。

日商簿記2級試験第4問5問対策講座の難易度・受講時間・講座料金

難易度 ★★★☆☆
受講時間 5コマ
範囲 日商簿記2級

コース料金(税込)
受講料
テキスト代
30,800円
1,650円
合計 32,450円

日商簿記2級試験第4問5問対策講座の無料体験コースはこちら

完全1対1のマンツーマン授業を楽しく体験してください。受講生のレベルによって担当する講師が変わります。初心者にわかりやすい講師と仕事に役立つスキルを身に付けるのが得意な講師を選択してください。

CASE
A

今から簿記2級試験第4問5問対策を
勉強したい2級初心者

  1. 日商簿記2級の第4問、5問の解答のコツは何なのか?
  2. 日商簿記2級に合格するために第4問5問を絶対に落とせない理由は?
  3. 知っておこう!第4問と5問の違いは何なのか!

CASE
B

日商簿記2級試験第4問5問対策が
苦手な方

  1. 日商簿記2級試験第4問5問対策が苦手な人は、図を書いて覚えよう
  2. 日商簿記2級試験第4問5問で満点を解く解き方とは?
  3. 受験経験がある方は不合格になった理由を一緒に考えて今後の勉強の計画を立てましょう