CADエラー対策講座

CADには、外部のデータを取り込んだりする機能など、様々な便利な機能があります。その際に、データがうまく読み込めない、保存できないという事も起こる事が有ります。CADエラー対策講座では、この様なエラーが起こった時の対処法などを学習します。

  • 特徴
    1

    8時間で実践的なCADエラー対策を習得

  • 特徴
    2

    最短2日で受講可能

  • 特徴
    3

    仕事で起こりうるCADエラーなどのトラブルに対応するスキルを身に着ける

1対1のソフトキャンパスCADエラー対策講座のカリキュラム・概要

CADエラー対策講座

8時間でもしっかりと学べる。仕事にもすぐに役立つCADエラー対策講座のカリキュラム内容

1~2時間目

CADソフトに関するエラー対策 CADの起動や終了時のエラー、動作が重い、データ保存時などのエラー、CADの内部エラーなど

3~4時間目

CADのコマンドに関するエラー対策 コマンド実行時のエラー、動作がおかしい、コマンドのシステム変数によるエラーなど

5~6時間目

CADデータに関数エラー データバックアップ、外部参照、アタッチなど外部データ使用時のエラーにういてなど

7~8時間目

CADエラー対策のまとめ 起こりうるエラーやトラブルの例と対処法について

CADエラー対策講座の難易度・講座時間・講座料金

難易度 ★★★☆☆
受講時間 8コマ
対応バージョン 全てのバージョンに対応可
コース料金(税込)
受講料
テキスト代
47,520円(税込)
3,300円(税込)
合計 50,820円

CADエラー対策講座の無料体験講座こちら


完全1対1のマンツーマン授業を楽しく体験してください。
受講生のレベルによって担当する講師が変わります。初心者にわかりやすい講師と仕事に役立つスキルの身に付けるが得意な講師を選択してください。

CASE
A

CADは少し触る位の
初級から中級者の方

  1. CADエラー対策の講座概要について説明
  2. CADをどのくらい使っているのか現状とスキルをチェック
  3. CADエラー対策に必要な知識について紹介

CASE
B

仕事でCADエラーで困った事がある
中級から上級者の方

  1. CADエラー対策の内容についての説明
  2. 現状で困っている事、CADエラーについての確認
  3. CADエラー対策の方法についてレクチャー