やりたいを仕事に!当校は認定試験会場です!
DTPデザイナーの資格

Photoshopクリエイター能力認定試験

Photoshopクリエイター能力認定試験

Photoshopクリエイター能力認定試験とは、Adobe Photoshop(フォトショップ)を使ったデジタルコンテンツ作成能力や、画像編集技術について、操作能力や知識を認定する資格検定です。Photoshopのスキルを身に着けたい方、資格を取得してデザイナー、DTP、Web業界への就職・転職を目指す方が取得する資格です。

Photoshopクリエイター能力認定試験ってどんな試験?

検定は随時実施で、ソフトキャンパスでは月一回実施しております。スタンダード、エキスパートの2段階の認定基準があります。
スクールはスタンダード、エキスパート両方に対応しております。

Photoshopクリエイター能力認定試験 スタンダード

  • ●Photoshop(フォトショップ)を活用し、指示通りの作業を正確かつ合理的に行う事ができる。
  • ●作業指示書に基づいた制作ができる。
  • ●Photoshop(フォトショップ)の基本的な操作ができる。

Photoshopクリエイター能力認定試験 エキスパート

  • ●Photoshop(フォトショップ)を活用し、クライアントのニーズに対応した創造性の高いコンテンツ制作ができる。
  • ●デザインコンセプトや表現の目的に応じて適切な機能を選択し、表現できる。
  • ●DTP/Web デザインに関する基本的な知識がある。

受験資格

学歴、年齢などに制限はありません。
試験結果
受験から約1か月以内に、得点率が記された結果シートが送られ、合格者には認定証が授与されます。

出題形式

・スタンダード
第1部(実技問題):40分。問題データおよび素材データが配布され、問題文の指示に従ってPhotoshop(フォトショップ)上で編集を行い、解答データを提出する。
第2部(実践問題):90分。問題冊子および素材データを配布し、問題文の指示に従ってPhotoshop(フォトショップ)上で編集を行い、解答データを提出する。

・エキスパート
第1部(知識問題・実技問題):50分。問題データおよび素材データを配布し、問題文の指示に従ってPhotoshop(フォトショップ)上で編集を行い、解答データを提出する。
第2部(実践問題):90分。問題冊子および素材データが配布され、問題文の指示に従ってPhotoshop(フォトショップ)上で編集を行い、解答データを提出する。

合格基準

・スタンダード
実技問題の得点率65% 以上で、かつ実践問題の得点率70% 以上

・エキスパート
知識問題・実技問題の得点率65% 以上で、かつ実践問題の得点率70% 以上

ソフトキャンパスでPhotoshopクリエイター能力認定試験講座を習うと何がいいの?

ソフトキャンパスのスクールは全コースマンツーマン(1対1授業)です。もちろんPhotoshopクリエイター能力認定試験対策講座も同じです。初心者からでも、印刷業界など、DTP関連の業界で働いた経験があり、資格だけ取得したい方でも、どなたでも受講できます。

マンツーマンの学校だからこそPhotoshopクリエイター能力認定試験対策を短時間で行うことができます。ソフトキャンパスのPhotoshopクリエイター能力認定試験合格率は、スタンダード・エキスパートともに85%以上を誇っています。これはもちろん、初心者から始めた方も含まれている数字です。

Photoshopクリエイター能力認定試験は、DTP関連資格の中でもちょうどいい難易度で、比較的目指しやすい資格ですので、未経験でDTP業界を目指す方はぜひとも取得しておきたい資格です。業界に入り、フォトショップのスキルについて、会社で研修が受けられる場合もありますが、基礎的なスキルは身に着けておきたいものです。

マンツーマンだから解決が早い

スクールの授業は完全1対1です。テンポや集中力が切れずに学習できることが一番の大きな特徴です。実務で使えるデザインのコツや試験の傾向対策など、じっくりと習得できます。

いつもの環境で受験ができます

ソフトキャンパスはサーティファイソフトウェア活用能力認定委員会の認定校となっているため、各スクールで受験していただくことが可能です。勉強していた教室で、いつもの雰囲気で検定が受けられます。

DTP、Web業界への就職・転職に大きな強みになる!

デザイナーやDTPオペレーターなど、DTP業界の求人票や求人サイトを見ると、フォトショップ 、イラストレーターのスキル」という言葉が多く見られます。資格を取得して正社員への登用、パートで働く、派遣で働くなど、さまざまな道があります。DTP、Web業界やデザイン業など、クリエイティブな仕事に就職することを目指している人は、挑戦する価値があります。

DTP、Web業界への就職・転職に大きな強みになります

Photoshopクリエイター能力認定試験を受験した人に聞いてみました!

デザイナー、DTP、Web業界への就職、転職にPhotoshopのスキルを持っていることは大きな強みになります。検定合格者の生徒さんの声を聞いてみました。

なぜPhotoshopクリエイター能力認定試験を勉強したのですか?

Web業界への転職を目指して講座を受け、Photoshopクリエイター能力認定試験を受験しました。 ホームページ制作科を通して日常的にPhotoshopを使用する機会に恵まれていた為、 その経験を生かしてなんとか無事に合格することができました。 合格と聞いたときは信じられなかったのですが、こうして合格の認定証を手にすることができて嬉しいです。

なぜPhotoshopクリエイター能力認定試験を勉強したのですか?

仕事でPhotoshopを使用しているのですが、資格として形にしたいと思い、受験しました。 普段使用してはいますが、試験となると使ったことのない機能ばかりで、戸惑うことも多かったのですが、先生方の根気強いご指導のおかげで、無事に合格することができました! Illustratorはあまり触ったことがないのですが、これからIllustratorの試験にもチャレンジしてみたいと思います。またよろしくお願いします!

コースのご紹介

  • 簿記の資格
  • MOS(Word・Excel・PowerPoint)
  • 医療事務の就職に役立つ資格
  • CAD(Auto CAD・JW CAD)
  • Webデザイン・HTML・CSSなど
  • DTPオペレーター・デザイナー向けの資格
  • ネットワーク系の資格
  • プログラム・プログラマー向けの資格
  • 企業研修(中小企業・助成金が使える研修)
  • 国家2級検定キャリコン(キャリアコンサルタント)
  • シニア専門パソコン教室
  • 小学生のためのロボット教室・プログラム講座

PAGE TOP