電子カルテ実技検定とは

電子カルテシステムを使用した電子カルテ作成の正確性・能力が問われる電子カルテ試験の一つで、 医療業界の強いニーズのもと、受験者数は加速度的に増加傾向にあります。一般社団法人医療秘書教育全国協議会が運営・主催している試験であり、この検定に合格すれば 、医師事務作業補助技能認定の一つの条件を満たすことになります。

ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・十和田・八戸 電子カルテ実技検定試験とは:イメージ写真

電子カルテ実技検定試験ってどんな試験?

実技試験で行われる検定試験です。この試験に合格することにより、医師事務作業補助技能認定の一つの条件を満たすことになります。試験は年2回、6月と11月に行われます。

診察時における医師と患者とのやり取りをシミュレーション化した問答形式問題を基に、電子カルテシステム(診療所・外来用)を操作し、電子カルテを作成することができる能力が証明されます。

受験資格
学歴、年齢などに制限はありません。
試験結果
合否の結果は各回の試験終了後、約1か月半後に郵送されます。合格者には合格証が届きます。
出題形式
実技オペレーション試験1問が行われます。実技問題は授業で使用している電子カルテシステムの専用ソフトで行います。
合格基準
配点は60点を満点とし、60%以上正解のとき合格となります。

電子カルテ実技検定試験対策を習うと何がいいの?

ソフトキャンパスは全コースマンツーマン(1対1授業)です。もちろん電子カルテ実技検定試験対策コースも同じです。初心者からでも、医療現場で働いた経験があり資格だけ取得したい方でも、どなたでも受講できます。マンツーマンだからこそ電子カルテ実技検定試験対策を短時間で行うことができます。ソフトキャンパスの電子カルテ実技検定試験合格率は常に90%を超えています。これは初心者から始めた方も含まれている数字です。女性に人気の医療事務資格。長く働きたい、安定した条件で働きたい…。資格の取得を目指す方の理由はさまざまです。医療現場の仕事に就くには、医療事務資格を持っていることだけではなくいまや電子カルテを操作できることも必須。現在需要が増えている医師事務作業補助者も電子カルテ操作が仕事の一つになっています。周りと差をつけたいなら、電子カルテ資格を持っていることが大きな強みになります。

■マンツーマンだから解決が早い

1対1の授業だからテンポや集中力が切れずに勉強できることが一番の大きな特徴です。

ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・十和田・八戸 電子カルテ実技検定試験:マンツーマン授業風景 ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・十和田・八戸 電子カルテ実技検定試験:セミマンツーマン授業風景 ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・十和田・八戸 電子カルテ実技検定試験:集団授業風景
マンツーマンはずっと講師が隣にいます。 セミマンツーマン(個別指導)はほかの生徒さんと講師が話しているときは待っている時間があります。 集団授業では講師にすぐ質問するというよりはあとから質問する事が一般的です

いつもの環境で受験ができます

ソフトキャンパスは医療秘書教育全国協議会の認定校となっているため、各学校で受験していただくことが可能です。電子カルテ作成には、授業でも試験でも 「C&C電子カルテシステムⅡ」というソフトを使用します。

ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・十和田・八戸 電子カルテ実技検定試験

電子カルテ実技検定試験を受験した人に聞いてみました!

なぜ電子カルテ実技検定試験を勉強したのですか?

医療事務の資格だけでは未経験での就職は難しいと考えて電子カルテの受験もしようと思いました。終わった後は自身の無いところがあり、とても落ち込んだのですが無事に合格していて本当にうれしかったです。医療事務は通信講座などもありますが、電子カルテまで勉強できて合格できたのはやっぱり学校に通って言葉で教えてもらったからだと思います。 わからないことをそのままにしないで先生たちに教えてもらい納得して進めたのが自分に向いていたと思うので合格につなげることができました。

ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・十和田・八戸 電子カルテ実技検定試験:合格者のコメント
なぜ電子カルテ実技検定試験を勉強したのですか?

再就職につなげるため、資格を取得し、自分のスキルアップを図りたいと思ったので受験をしました。短期間で医療事務も電子カルテの資格まで取ることができて本当にうれしいです。このまま就職活動も頑張っていきたいと思います。

ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・十和田・八戸 電子カルテ実技検定試験:合格者のコメント
Pagetop