女性に大人気!当校は認定試験会場です!
医療事務・調剤薬局事務の資格

医事コンピュータ検定試験3級

医事コンピュータ検定試験3級

「医事コンピュータ検定試験 3級」は、現在病院や診療所など医療機関で行われる業務のために導入が義務化されている、医事コンピュータによるレセプト作成能力と医療事務、コンピュータの知識が問われる医療事務試験の一つです。 平成8年度にスタートし、年間で6,000名以上が受験する全国唯一の検定試験で、一般社団法人 医療秘書教育全国協議会が運営・主催しています。

医事コンピュータ検定試験3級ってどんな試験なの?

診療報酬請求業務、レセプト作成やレセプト点検業務を行う医療事務に必要な資格が、「医事コンピュータ検定試験3級」です。

医事コンピュータソフトを使用し、実際にレセプトを作成する実技問題と、知識を問われる学科問題に分かれています。

使用するソフト 医事コンピュータソフト
問題数 180点満点(医療事務60点、コンピュータ関連知識60点、実技60点)
試験時間 120分
受験料 一般6,400円(税込) 受講生4,300円(税込)
合否判定 100点中60点以上が合格
受験資格 特になし(医事コンピュータの基本的な操作が必要です)

出題はコンピュータ試験形式の実技とマークシート形式の学科に分かれます。
合否の結果は試験実施日の1ヶ月半後に発送されます。

医事コンピュータ検定試験3級の試験内容は?

医事コンピュータ検定試験3級では、医療事務知識、コンピュータ関連知識の学科問題、レセプト作成の実技問題が出題範囲となっています。医療事務及び医事コンピュータについての一般的な知識を有し、カルテ及び診療伝票を基に医事コンピュータを用いて正しいレセプトを作成できる能力が証明されます。

医療保険制度の概要及び診療報酬制度のシステムについての知識があり、被保険者証その他の受診資格証の種別・患者負担金を理解していることが求められます。コンピュータ関連知識では5大装置やコンピュータの機能・内部処理について理解しているか、オペレーティングシステムの種類と特徴や医療情報システムの名称を理解しているかを問われる内容になっています。

医事コンピュータ検定試験3級を受験するには何が必要?

医事コンピュータ検定試験は、学科と実技があり、学科試験では医療事務知識と、コンピュータに関する知識を問われます。基本的な医療用語、医療保険制度についての知識が必要となり、診療報酬点数表の各部通則・告示・通達の基本的な知識が求められます。また、現場の声や求人情報などを見ても医療の現場は電子化が進んでおり、医療情報システムについて理解していなければ携われない業務も多いため、ITシステムについて基本的な知識を持っていることが必要です。医療事務知識だけでなく、ITのスキルを証明できることが、就職率を上げることにつながります。

また実技試験では、レセプト(診療報酬明細書)の作成は医事コンピュータを使用しておこなうため、医事コンピュータの操作方法を知っていて、正確にレセプト(診療報酬明細書)を算定できる技能が必要とされます。

医事コンピュータ検定試験3級を受講するメリットは?

医療事務を勉強しようと思われる方は、業界未経験の方も多くいらっしゃいます。未経験からでもレセプト作成やレセプト点検業務についての知識や資格を取得し、医療事務職へ就職・転職を決めるには秘訣があります。

ソフトキャンパスの授業は医療事務講座ももちろん、すべて1対1の完全マンツーマン形式です。レセコン(レセプトコンピュータ)の操作だけでなく、医療事務として働くのに必須の点数早見表の読み解き方からお教えします。法律や通則といった、算定のルールの意味を読み解き、自分で正しい点数を導き出せなければならないためです。また長年試験校として培ってきたノウハウがあるため、「試験に合格するためのポイント」をお教えすることができます。

ソフトキャンパスで医療事務講座を学ぶメリットは、自分に合わせた授業ができる事。マンツーマン授業の良さは、「授業のペースが速くて追いつけない」や「他の人と質問がかぶって待たされる」などの心配が全くいらないことです。授業中は隣に講師がいるので、授業の流れで不明点が出てきてもすぐに質問することができます。この形式によって、短期間でのスキル習得が目指せるのです。また、好きな時間に予約を取って通うシステムなため、自分のライフスタイルに合わせて、短期間で確実に資格取得を目指すことができます。

マンツーマンだから解決が早い

ソフトキャンパスの医療事務学習は、取得したい資格やスキルによってコースが様々に分かれていて、選んでいただくことができます。ソフトキャンパスが人気な理由は、マンツーマン授業によりテンポや集中力が切れずに勉強できるから。1対1授業の特徴は、聞きたい時にすぐに質問できること。学習をしていれば当然わからないところがでてきます。

ソフトキャンパスでは隣に講師がいる形式での学習ですので、授業の流れで不明点が出てきてもすぐに質問することができます。例えば難しい病名の読み方や、医事コンピュータの使い方のコツ、早くレセプトを作成する効率良い書き方…など、独学では手に入らない情報を得られます。なかなか完成図が想像できない人には見本を渡したり、問題を解く上での注意点をその人に合わせて指導したり。この形式によって、短期間でのスキル習得が目指せるのです。

また、好きな時間に通っていただく「予約制」となっていますので、自分のライフスタイルに合わせて確実に資格取得を目指すことが可能です。

就職に向けての資格取得
試験はいつもの環境で受けられます

医療事務の資格もソフトキャンパスにお任せ

ソフトキャンパスは医療秘書教育全国協議会の認定校となっているため、就職やスキルアップのために資格取得を考えている方は、試験を各学校で受けていただくことが可能です。レセプト作成には、授業でも試験でも「医事ナビ」というソフトを使用します。

普段の授業で使用するソフトを使い、いつもの環境で試験が受けられるので、ソフトキャンパスの医療事務試験の合格率は常に80%超え!すぐに仕事に活かすことができるのです。

コースのご紹介

  • 簿記の資格
  • MOS(Word・Excel・PowerPoint)
  • 医療事務の就職に役立つ資格
  • CAD(Auto CAD・JW CAD)
  • Webデザイン・HTML・CSSなど
  • DTPオペレーター・デザイナー向けの資格
  • ネットワーク系の資格
  • プログラム・プログラマー向けの資格
  • 企業研修(中小企業・助成金が使える研修)
  • 国家2級検定キャリコン(キャリアコンサルタント)
  • シニア専門パソコン教室
  • 小学生のためのロボット教室・プログラム講座

PAGE TOP