ITパスポート試験とは

ITパスポート試験は、ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。2009年の開始から累計応募者数は50万人以上。情報処理推進機構が管理・運営しており、高校生、大学生から社会人まで幅広い層に対応したITスキルを証明する試験となっています。

ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・十和田・八戸 ITパスポート試験とは:イメージ写真

ITパスポート試験ってどんな試験?

経営戦略、マーケティング、財務、法務など経営全般に関する知識からセキュリティ、ネットワークなどのITの 知識まで幅広い分野の総合的知識を問う試験です。ITを正しく理解し、業務に効果的にITを利活用することのできるIT力を身につけることができます。 試験は全国の試験会場でCBT方式によって受験可能です。

ITパスポート
ストラテジ系(企業活動、経営・技術戦略マネジメント、システム戦略・システム企画など)、マネジメント系 (開発技術、プロジェクトマネジメント、サービスマネジメントなど)、テクノロジー系(プログラム基礎、 コンピュータシステム、データベース・ットワーク技術など)の3つの分野から問題は出題され、ITを正しく理解し活用できる能力が証明されます。
受験資格
学歴、年齢などに制限はありません。受験前には受験者IDの登録(無料)が必要です。
試験結果
合格発表は試験月の翌月中旬にITパスポートのサイト上にて行われます。
出題形式
コンピュータを利用して解答します。100問の試験を165分間のうちに四肢択一式で解答します。
合格基準
総合評価点は1000点満点中600点で合格、且つ、それぞれの分野で1000点満点中300点を取っていれば合格です。

ソフトキャンパスでITパスポート試験対策を習うと何がいいの?

ソフトキャンパスは全コースマンツーマン(1対1授業)です。もちろんITパスポート試験対策コースも同じです。Word(ワード)やExcel(エクセル)はいまやできて当たり前。就職活動で周りと一歩差をつけたい、自分自身のスキルアップにつなげたい、と言う方にはお薦めのITパスポート資格。Officeソフトが使えるというだけでなく、 パソコンそのものやプログラム、ネットワーク、経営に関する知識も有しているということをアピールできる資格です。

■どうしてそんなに早く取れるの?
1対1の授業だからテンポや集中力が切れずに勉強できることが一番の大きな特徴です。
ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・十和田・八戸 ITパスポート試験講座:マンツーマン授業風景 ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・十和田・八戸 ITパスポート試験講座:セミマンツーマン授業風景 ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・十和田・八戸 ITパスポート試験講座:集団授業風景
マンツーマンはずっと講師が隣にいます。 セミマンツーマン(個別指導)はほかの生徒さんと講師が話しているときは待っている時間があります。 集団授業では講師にすぐ質問するというよりはあとから質問する事が一般的です

ITパスポート試験を受験した人に聞いてみました!

なぜITパスポートを勉強したのですか?

ITパスポートという資格の名前の響きがかっこよくて、昔から名前だけにあこがれていました。ソフトキャンパスで勉強できると知り迷わず受講を決めました!やりたいと思って自分から始めたものだったので、難しくてあきらめそうになった時にもふんばることができ、試験ではとても緊張してまったく自信がありませんでしたが 見事に合格できました!本当にうれしいです、ありがとうございました!

なぜITパスポートを勉強したのですか?

今の時代はパソコンができて当たり前なので、とにかくMOSとは違う資格を持っていた方が就職や仕事で有利になると思いこの資格を取得しました。 パソコン全般やネットワーク、経営戦略という分野までの勉強で幅広かったですが、これらの知識と資格があればこのような理解ができているという証明にもなるので、 挑戦する価値の高い資格だったなと思っています。


各種資格認定スクール

ソフトキャンパスは各種資格の認定スクールです

Pagetop