実践スキルもUP!当校は認定試験会場です!
ネットワークエンジニアの資格

LPIC(Linux技術者認定試験)

LPICとは?

LPIC(Linux技術者認定試験)は、世界に通用するLinuxの技術者認定資格です。
Linuxはインターネット関連サーバをはじめとして、多くの企業が基幹システムのOSとして採用しています。企業では、CCNAやMCPと並び、社員研修・セミナーの実施や資格取得費用の手当を行うところも多く見られます。また、現在普及しているスマートフォンも、多くがLinuxをベースに作られています。

さらに、Linuxをはじめとしたオープンソースのシステムを効率的に活用するというITILも注目を集めており、情報システム部門の人材としてLinuxとITIL両方を会得することは今後のキャリアアップにとても有利です。

LPIC(Linux技術者認定試験)はLinuxスキルレベルを公正に判断できる資格として国際的に認められており、世界的に統一した基準で問題も作られています。難易度も高く、現在もこれからも評価され続ける「価値ある資格」として多くの人に受験されています。

公式サイト:LPIC(Linux技術者認定試験)

LPIC(Linux技術者認定試験)ってどんな試験?

資格試験は随時実施されています。
ソフトキャンパス各校でLPIC(Linux技術者認定試験)を受験できます。
試験の難易度によって、level1・level2・level3に別れています。どのレベルからでも受験はできますが、level2やlevel3は、その下位資格を取得し、かつその資格の有効期限内に合格しなければ認定されません。

試験はコンピュータベーストテスト(CBT)で問題が出題されます。
問題はマウスによる選択方式がほとんどですが、キーボード入力問題も多少出題されます。

LPIC レベル1(LPIC-1)資格

ネットワークを含む、コンピュータシステムの構築、運用・保守
LPICレベル2資格は、Linuxによるシステム構築、ネットワーク構築を行ったりLinuxの応用的なシステム管理やサーバ構築ができるために必要な知識を試験問題で幅広く問い、資格を取得することでスキルを証明できます。

問題に出題されるスキルレベルは
・小規模から中規模までのサイトを管理する。
・次のような小規模の混在 (MS、Linux) ネットワークの計画、実装、保守、一貫性の維持、セキュリティ設定、トラブルシューティングを行う
 - LANサーバ (Samba)
 - インターネットゲートウェイ (ファイアウォール、プロキシ、メール、ニュース)
 - インターネットサーバ (Webサーバ、FTPサーバ)
・アシスタントを監督する。
・システム導入、案件の発注内容、予算等について管理職に助言やサポートをする。

受験の前提条件

受験のための実務経験や前提資格保有条件はありませんが、前提資格保有条件として、「有意なLPICレベル1」資格を保有している必要があります。ただし、受験するだけであればレベル2を先に受験することも可能です。(レベル1認定を取得するまで レベル2認定は取得できません)

試験科目

「201試験」と「202試験」の2試験に合格するとLPIC レベル2資格に認定されます。
201試験: LPI Level2 Exam 201
202試験: LPI Level2 Exam 202

LPIC レベル2(LPIC-2)資格

ネットワークを含む、コンピュータシステムの構築、運用・保守
LPICレベル2資格は、Linuxによるシステム構築、ネットワーク構築を行ったりLinuxの応用的なシステム管理やサーバ構築ができるために必要な知識を幅広く問います。

目安となるスキルレベルは
・小規模から中規模までのサイトを管理する。
・次のような小規模の混在 (MS、Linux) ネットワークの計画、実装、保守、一貫性の維持、セキュリティ設定、トラブルシューティングを行う
 - LANサーバ (Samba)
 - インターネットゲートウェイ (ファイアウォール、プロキシ、メール、ニュース)
 - インターネットサーバ (Webサーバ、FTPサーバ)
・アシスタントを監督する。
・システム導入、案件の発注内容、予算等について管理職に助言やサポートをする。

受験の前提条件

受験のための実務経験や前提資格保有条件はありませんが、前提資格保有条件として、「有意なLPICレベル1」資格を保有している必要があります。ただし、受験するだけであればレベル2を先に受験することも可能です。(レベル1認定を取得するまで レベル2認定は取得できません)

試験科目

「201試験」と「202試験」の2試験に合格するとLPIC レベル2資格に認定されます。
201試験: LPI Level2 Exam 201
202試験: LPI Level2 Exam 202

LPIC レベル3(LPIC-3)資格

300試験、303試験、304試験のいずれか1つに合格し、かつ、有意なLPICレベル2 資格の認定を持っていると、「LPICレベル3 Specialty」に認定されます。

受験の前提条件

受験のための実務経験や前提資格保有条件はありませんが、前提資格保有条件として、「有意なLPICレベル2」を保有している必要があります。
ただし、受験するだけであればレベル3の試験を先に受験することも可能です。(レベル2認定を取得するまで レベル3認定は取得できません)

試験科目

LPI 300 Mixed Environment Exam(301試験):
Linux、Windows、Unixが混在するシステムの設計、構築、運用・保守ができるエキスパートエンジニアであることを証明できます。

問題に出題されるスキルレベルは
・Sambaを使って、ユーザー管理、ドメインコントロール、セキュリティ、パフォーマンス調整など、ファイルサービスとプリントサービスをWindowsと統合した経歴を有すること。
・SambaとLDAP、OpenLDAPを使って完全な環境を計画、構成、設計、構築、実装できるほか、これらのサービスのキャパシティプランニング、セキュリティの評価、トラブルシューティングもできること。

LPIC-3 Specialty Security(303試験):
セキュリティレベルの高いコンピュータシステムの設計、構築、運用・保守ができるエキスパートエンジニアであることを証明できます。

問題に出題されるスキルレベルは
・出題範囲で概説されている、必要なスキルと経験があること。
・マルチサイトの企業や負荷が非常に高いインターネットサイトなどのように、複雑な自動化の問題向けにカスタマイズしたソリューションを設計して実装することができること。
・プロジェクトを開始し、予算を意識して作業することができること。
・アシスタントを監督し、問題のトラブルシューティングを支援することができること。
・上位管理職のコンサルタントとなれること。

LPI 304 Virtualization & High Availability Exam(304試験):
クラウドコンピューティングシステム(クラウド)の設計、構築、運用・保守ができるエキスパートエンジニアであることを証明できます。

問題に出題されるスキルレベルは
Linuxを使ってエンタープライズレベルの大規模システム構築やコンサルティングができる。
仮想化の概念と技術を理解し、Linux/OSSを使って仮想化システムを構築、運用する専門家であることを証明できる。
負荷分散、クラスタ管理、クラスタストレージなどの高可用性のための技術をLinux/OSSを使って構築、運用できる能力を証明できる。

ソフトキャンパスでLPIC(Linux技術者認定試験)講座を習うと何がいいの?

ソフトキャンパスは全コースマンツーマン(1対1授業)です。もちろんLPIC(Linux技術者認定試験)対策コースも同じです。初心者からでも、ネットワーク関連の業界で働いた経験があり、資格だけ取得したい方でも、どなたでも受講できます。マンツーマンだからこそLinuxの基礎・操作方法から、LPIC(Linux技術者認定試験)の試験問題対策や解説を短時間で行うことができます。ソフトキャンパスの合格率は80%以上!これはもちろん、初心者から始めた方も含まれている数字です。LPIC(Linux技術者認定試験)は、取得すればネットワークエンジニアとしての技能を証明することができますので、未経験でネットワークエンジニアとして就職を目指す方にとっては、ぜひとも取得しておきたい資格です。

授業がマンツーマンだから問題の解決が早い

1対1の授業だからテンポや集中力が切れずに勉強できることが一番の大きな特徴です。
Linuxの入門知識から試験問題の演習まで、しっかりと学習してから、安心して受験できます。

いつもの環境で資格試験が受験ができます

ソフトキャンパスはLPIC(Linux技術者認定試験)の認定試験会場となっているため、授業や問題演習を行った各校でそのまま受験していただくことが可能です。

Linux講座もマンツーマン!

LPIC(Linux技術者認定試験)を受験した人に聞いてみました!

スクールを受講し、LPIC(エルピック)を受験された生徒さんの声を聞いてみました。

なぜLPIC(Linux技術者認定試験)を受験したのですか?

私は転職したいと思いソフトキャンパスに入学しました。当時の私はキーボードを打つのも人差し指でキーを捜しながら打つレベルでした。そんな私が資格取得し就職できたのは、諦めずに継続し続けたからだと思います。資格を取得できたことはもちろん、「頑張れば自分にもできるんだ」という自信がついたことがもっと嬉しいです。これからも新しいことに臆せずチャレンジしていけそうです。

なぜLPIC(Linux技術者認定試験)を勉強したのですか?

ネットワーク系の仕事につきたいと思い、LPIC(Linux技術者認定試験)の受験勉強を始めました。パソコンはほとんど初心者で、最初のうちは入力でさえも苦労するほどでした。しかし、先生方がわからないところは何度も丁寧に教えてくださったので、試験問題も解けるようになり、合格することができました!結果を見たときは本当に信じられない気持ちでいっぱいでしたが、本当にうれしいです。先生方、本当にありがとうございました!LPICを生かして、就職活動頑張ります!

コースのご紹介

  • 簿記の資格
  • MOS(Word・Excel・PowerPoint)
  • 医療事務の就職に役立つ資格
  • CAD(Auto CAD・JW CAD)
  • Webデザイン・HTML・CSSなど
  • DTPオペレーター・デザイナー向けの資格
  • ネットワーク系の資格
  • プログラム・プログラマー向けの資格
  • 企業研修(中小企業・助成金が使える研修)
  • 国家2級検定キャリコン(キャリアコンサルタント)
  • シニア専門パソコン教室
  • 小学生のためのロボット教室・プログラム講座

PAGE TOP