IC3(アイシースリー) コンピューティングファンダメンタルズ

IC3(アイシースリー)は、コンピュータやインターネットに関する基礎知識とスキルを総合的に証明できる国際資格です。試験は「コンピューティング ファンダメンタルズ」「キー アプリケーションズ」「リビング オンライン」の3科目で構成されています。これらにすべて合格すると、「IC3」の認定となります。

ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・十和田・八戸  IC3(アイシースリー)とは:イメージ写真

IC3(アイシースリー) コンピューティングファンダメンタルズってどんな試験?

ハードウェアやソフトウェア、オペレーティングシステム(OS)に関する知識や操作方法など、コンピューティング全般の基礎について理解しているかを判定します。

・試験内容
実技試験のみ実施で、試験時間は45分となっています。出題範囲は、①OSの基礎、②コンピュータハードウェアの概念、③コンピュータソフトウェアの概念、④トラブルシューティングといった内容が出題されますので、コンピュータの機械の知識やソフトウェアなど、コンピュータに関する幅広い知識が必要とされる試験です。
受験資格
受験資格に制限はありませんので、国籍、年齢を問わず誰でも受験することができます。
試験結果
試験後すぐに結果が表示されます。認定証は合格から3~4週間ほどで届きます。
出題形式
回答はコンピュータで実施するCBT形式です。選択問題や組み合わせ問題、入力問題、操作問題など、様々な方法で出題されます。試験時間は50分です。

ソフトキャンパスでIC3(アイシースリー) コンピューティングファンダメンタルズを習うと何がいいの?

最近の求人票を見ると、「Word、Excelができる人」、「パソコン操作ができる人」といった記載が多くみられるようになりました。そのおかげか、MOS試験をはじめとするWord、Excel資格の取得に対する意欲は高まってきたように思いますが、WordやExcelの資格を取っても、パソコンの知識がない、トラブルに対応できない、という方は依然として多いです。

IC3コンピューティングファンダメンタルズを取得すれば、コンピュータについての知識を幅広く身につけることができます。しかし、独学での勉強であれば、用語が多く、都度調べたりしているとなかなか勉強が進まない、というのが現実です。多くのパソコンスクールが取っている集団講義(講師1:生徒複数)の形式、個別指導(講師1対生徒2~3名)だと、疑問が出たときにすぐに質問しづらかったり、納得するまで質問ができずに未解決のまま残る、といったことも起こります。

ソフトキャンパスのIC3(アイシースリー) コンピューティングファンダメンタルズ対策講座は、講師と1対1で授業を行うので、分からないところはすぐ横にいる講師に質問できますし、分かるまで何度でも解説いたしますので、不明点を不明なまま残しておくことがありません。たったの10時間の講座でIC3(アイシースリー) コンピューティングファンダメンタルズ資格に合格することができます!

■どうしてそんなに早く合格できるの?
1対1の授業だからテンポや集中力が切れずに勉強できることが一番の大きな特徴です。
ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・八戸  IC3(アイシースリー)講座:マンツーマン授業風景 ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・八戸  IC3(アイシースリー)講座:セミマンツーマン授業風景 ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・八戸  IC3(アイシースリー)講座:集団授業風景
マンツーマンはずっと講師が隣にいます。質問はすぐにできますね。 セミマンツーマン(個別指導)はほかの生徒さんと講師が話しているときは待っている時間があります。 集団授業では講師にすぐ質問するというよりはあとから質問する事が一般的です

いつもの環境で受験ができます

ソフトキャンパスは、IC3(アイシースリー) コンピューティングファンダメンタルズ試験を主催している株式会社オデッセイコミュニケーションズの認定会場になっており、月2回、試験を実施しています。もちろん、いつものスクールの教室で受験ができます。試験当日、会場付近で迷ったり、機器が違って操作に迷うことがありませんので、リラックスして受験していただけます。

ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・八戸  IC3(アイシースリー)講座:いつもの環境で試験が受けれる

各種資格認定スクール

ソフトキャンパスは各種資格の認定スクールです

Pagetop