パソコン資格の定番!当校は認定試験会場です!
MOS - Microsoft Office Specialist

MOS Excel Specialist資格

MOS Excel Specialistとは?

MOS(Microsoft Office Specialist)Excel資格は、Microsoft社が認定している、表計算(エクセル)ソフトの機能を理解しているかを認定する資格です。2003年まではMOUS試験という名称で呼ばれていましたが、「マウス」と読めるため、マウスの試験と勘違いしてしまう方が多く、現在はMOS試験と呼ばれています。

ハローワークの事務の求人にも「ワード・エクセルができる」人と書いてあることが多いため、簿記と並んで資格取得を目指す人には特に人気のある資格です。結果がその場でわかる資格であるため、すぐに履歴書に書けるのも魅力です。

就職・転職に強いMOS Excel 試験ってどんな試験?

MOS資格は、マイクロソフト社の認定資格で、表計算ソフト「Excel(エクセル)」について、数式や基本的な関数、セルの書式設定、グラフなどの基本機能を使いこなせるかどうかを判定する試験内容となっています。難易度は標準レベルです。Excelの全機能の約7割をカバーしているので、Excel未経験の方でも、ある程度Excelを使いこなすことができるようになります。 現在、MOS Excel Specialist試験で実施されているバージョンは、Office2010と2013バージョンです。これから受験を考えている方は、いずれかのバージョンを選択する必要がありますが、それぞれ出題形式が大きく異なります。事務職を目指される方には特におすすめですが、事務職に限らず、就職・転職を考えている方にもぜひ取得していただきたい資格の一つです。

MOS Excel の検定ではどんな問題が出るの?

検定の出題形式が2013から変更になりました。MOS Excel 2010の問題であれば、「セル【A4】に当月の売上額を表すグラフを作成してください。」といったような、一問一答形式の出題方法となります。一つ一つの問題につながりはなく、独立して構成されていますので、間違えた問題があっても、他の問題の解答に影響することはありません。

一方、MOS Excel 2013 の問題は、一つ一つの問題がすべてつながっており、すべて回答すると、最終的に一つの書類が出来上がるように問題が構成されています。そのため、回答できない問題があると、次の問題が回答できない、といったことや、連動して採点に影響してしまう場合がありますが、一つの書類を作る過程をたどりながら試験勉強ができるので、勉強した内容を即、事務系の仕事などに生かすことができ、2010バージョンの検定よりもエクセルを実践的に学ぶことができます。

  • Word(ワード)
  • Excel(エクセル)
  • PowerPoint(パワーポイント)
  • Access(アクセス)
  • Outlook(アウトルック)

エクセルのExpertレベルについて

  • WordExpert(ワード エキスパート)
  • ExcelExpert(エクセル エキスパート)

MOS Excel Specialist資格を取得した後は、より上級の資格を目指して、エキスパートレベルにチャレンジすることもできます。スペシャリスト資格を未取得でもエキスパート資格を受験することが可能ですが、エキスパート試験は難易度が高く、スペシャリストレベルのスキルが必須となりますので、まずはスペシャリスト試験からの受験をおすすめします。MOS試験のエクセルエキスパートには、関数の中に関数を入れる、「ネスト」という技術も出題範囲に含まれています。

ソフトキャンパスでMOS Excel資格を習うメリットは?

MOS Excel 資格を取るなら、ソフトキャンパスのマンツーマン授業がおすすめです。標準レベルの難易度の試験内容とはいえ、普段Excelの操作になじみがない方にとっては、自力での学習はなかなか難しいものです。ソフトキャンパスでは、全授業を1対1のマンツーマンで行います。MOS Excelの検定対策は全12Hで行います。いきなり試験対策に入るのは不安、という方は、5HのExcel基礎コースもご用意しておりますので、事務を目指す初心者の方でも安心です。

MOS Excel Specialist資格が短期間で取れるのはなぜ?

一番の理由はやはり、マンツーマン授業です。MOS Excel Specialist資格を取るには、独学、通信教育、個別指導、集団授業といった方法がありますが、いずれの方法も、不明点が出たときにすぐに質問できなかったり、習得までに時間がかかったりすることがあります。マンツーマン授業なら、先生が1時間ずっと隣にいるから、わからないことが出たとき、すぐに解決することができるので、短期で資格を取得することができます。

エクセルのテキストの秘密は?

MOS Excelテキストの秘密

エクセルの資格対策講座では、「パスナビ」というソフトキャンパスオリジナルの教材を使用します。経験豊富な講師陣が本物のMOS試験を徹底研究して作っているので、試験と同じレベルの問題を、試験と同じPC画面で学習することができます。フリースペースのパソコンにもインストール済みですし、自宅でも予習、復習をしたい、という方には、販売も行っています。

試験結果が当日にわかるスピーディーな検定であることも特徴の一つ

MOS(モス)試験の大きな特徴の一つに、試験を受けた当日に結果が出るという事。(賞状は2週間後を目安に郵送されます)ほかの試験のように受験してから結果を1か月待つなんてことはありません。ソフトキャンパスはすべての学校が認定校。各バージョンに対応しており、各教室で試験を受けていただくことができます。(日程はご確認ください。)

マイクロソフトオフィススペシャリストマスターについて

WordExpert、ExcelExpert、PowerPoint、AccessまたはOutlookを取得するとMicrosoftOfficeSpecialistMaster(マスター認定)されます。※2013はマスターの取得の仕方が3種類あります。事務への就職・転職にも有利です。

コースのご紹介

  • 簿記の資格
  • MOS(Word・Excel・PowerPoint)
  • 医療事務の就職に役立つ資格
  • CAD(Auto CAD・JW CAD)
  • Webデザイン・HTML・CSSなど
  • DTPオペレーター・デザイナー向けの資格
  • ネットワーク系の資格
  • プログラム・プログラマー向けの資格
  • 企業研修(中小企業・助成金が使える研修)
  • 国家2級検定キャリコン(キャリアコンサルタント)
  • シニア専門パソコン教室
  • 小学生のためのロボット教室・プログラム講座

PAGE TOP