統計検定準1級講座

統計検定準1級講座は、統計検定準1級の試験対策を行う講座です。統計検定準1級は統計の基礎内容に加えて応用的な内容も含まれています。2級の内容を全て含め、そこから解析の使用方法についてと、解析結果の理解、分析を行う内容まで入ります。正しい解析手法の使用と、解析結果の解釈が出来るスキルを身に付けます。

  • 特徴
    1

    14コマでも他のパソコンスクール、パソコン教室に劣らないカリキュラム

  • 特徴
    2

    最短3日で受講可能
  • 特徴
    3

    学習済みで苦手部分を重点的に受講も可能なカリキュラム

1対1のソフトキャンパス統計検定準1級講座のカリキュラム・概要

統計検定準1級講座

14コマでしっかりと検定対策、統計検定準1級講座のカリキュラム内容

1時間目

確率と確率変数 確率の計算、確率分布と母集団について、確率関数、条件付き確率関数、周辺確率関数、分布の特性値、変数変換、極限定理、二項分布、ポアソン分布

2時間目

いろいろな確率分布について 離散型・連続型分布、ベルヌーイ分布、二項分布、幾何分布、ガンマ分布、ベータ分布、標本分布、r分布

3時間目

統計データの推測(推定) 分布の中統計量について、各種推定法、点推定の性質について、漸近的性質に知識、区間推定心の説明、平均値、中央値、分布の散らばりの評価、分散、標準偏差、ローレンツ曲線、ジニ係数、カイ二乗知値

4時間目

統計データの推測(検定) 検定の基礎知識、検定法の種類と選定、正規分布に関する検定、ノンパレメトリック法

5時間目

マルコフ連鎖と確率過程について マルコフ連鎖の基本知識、推移確率、定常分布、確率過程の基礎知識、ランダムウォーク、ポアソン過程(度数分布表、クロス集計法)相対度数、累積度数、相対累積度数

6時間目

回帰分析について 重回帰分析の知識、重回帰モデル、変数選択、回帰診断法、系列相関、DW比、はずれ値、質的回帰について、ロジスティック回帰、プロビット分析

7時間目

分散と実験計画法、標本調査法について 一元・二元配置、分散分析表、ブロック化、ブロック計画、有限母集団について、種々の標本抽出法について

8時間目

多変量解析の知識 主成分分析、主成分スコアと主成分負荷量、判別分析、クラスター分析の知識、共分散構造分析と紳士分析

9時間目

時系列解析の知識 自己相関、偏自己相関ペリオドグラム、定常性、階差、状態空間モデル

10時間目

分割表についての知識 分割表の解析法、分割表のモデル

11時間目

欠測値について 欠測のメカニズム、EMアルゴリズム

12時間目

モデル選択の知識 情報量基準について、AIC、cross validetion

13時間目

ベイズ法について 事前・事後分布、階層ベイズモデル、ギブスサンプリング、Metropolis-Hastings法について

14時間目

計算手法とシミュレーション モンテカルロ法、マルコフ連鎖モンテカルロ法の知識、乱数、棄却法

統計検定準1級講座の難易度・受講時間・講座料金

難易度 ★★★★☆
受講時間 14コマ
対応バージョン すべてに対応

コース料金(税込)
受講料
テキスト代
80,080円
4,400円
合計 84,480円

統計検定準1級講座の無料体験コースこちら

完全1対1で統計検定準1級合格を目指すマンツーマン授業をぜひ体験してください。受講生のスキルをチェックしたうえで、お一人お一人に合わせた体験レッスンをいたします。初めての方でも分かりやすいと感じて頂ける授業をさせていただきます。

CASE
A

これから統計検定準1級の
学習を始める

  1. 統計検定準1級の試験内容、2級から増えた内容の説明
  2. 統計検定準1級の問題を確認して内容を把握する
  3. 受験に向けての学習方法、試験のポイントについてのレクチャー

CASE
B

統計検定準1級を学習、
受験したなど経験者の方

  1. 統計検定準1級の内容について学習状況、受験状況(統計検定準1級に不合格の原因)を確認
  2. 準1級の試験問題を解いて、苦手部分の把握をする
  3. 苦手分野の問題について解答方法とポイントをちょっとだけご紹介