タイピング速習400文字アップ講座

タイピング速習400文字アップ講座は、キーボードを見ないで打つ「タッチタイピング」ができるようになり、現在の10分間での入力文字数を+400文字アップさせよう!というコースです。
お仕事で最低限困らないタイピングスピードは10分間に500文字、タイピングが速い、と言えるのは10分間に800文字以上、と言われています。タイピング速習400文字アップ講座なら10分間800文字以上を目指せます!

  • 特徴
    1

    15コマでじっくりタイピングの練習に
    取り組むことができます
  • 特徴
    2

    15コマで10分間の入力文字数
    400文字アップを目指せる
  • 特徴
    3

    パソコン初心者の方でもOK!
    最初の計測で10分間200文字以下から始める方も多数!
  • 特徴
    4

    自己流なのでもっと速く打てるようになりたい
    という方などにもおすすめ

1対1のソフトキャンパスタイピング速習400文字アップ講座のカリキュラム・概要

タイピング速習400文字アップ講座

15コマでタッチタイピングを覚えられ、さらに入力をスムーズにできるタイピング速習400文字アップ講座のカリキュラム内容

1時間目

まずはスキルチェック!
キーボード入力の基礎知識
10分間を計測しながら文章を打っていただき、現時点でどのくらい打てるか計測します。ここがスタートラインです。15時間での授業のスケジュールを立てたら、キーボード入力の基本知識を覚えます。

2時間目

「あいうえお」の母音入力 ホームポジション(基本の指の配置)を覚えるため、「あいうえお」を繰り返し入力します。

3時間目

五十音の入力 母音(あ行)の入力に慣れたら、子音を覚えてか行以降の50音の入力を練習します。ここでしっかりと正しい指の動きを癖づけることがポイントです。

4時間目

ひらがなの入力 が行、ざ行、だ行、ば行のような濁音、ぱ行のような半濁音、「っ」「ゃ」などの拗音・促音を使ったひらがな入力を学びます。

5時間目

ひらがな単語の入力①

ひらがなを使った単語の入力練習をします。2文字→3文字→5文字と、徐々に文字数を増やしていきます。

6時間目

ひらがな単語の入力② ひらがなを使った単語の入力練習をします。2文字→3文字→5文字と、徐々に文字数を増やしていきます。

7時間目

変換の練習 変換はタイミングが重要です。漢字やカタカナへの効率の良い変換方法を学びます。

8時間目

熟語の練習 変換の仕方を覚えたら、変換を使って2~3文字の熟語を入力する練習をしましょう。

9時間目

入力のコツ ちょっとしたことで入力が楽になる!?変換や英単語、カタカナ入力で便利に使えるキーボード入力のワザを教えます。

10時間目

テンキーの入力 数字の入力はExcelを使ったデータ入力のお仕事なら必須。キーボードを見ずに入力できるようにキー配置に慣れましょう。

11時間目

短文の入力① いよいよ文章の入力にチャレンジです。変換のタイミングや入力ミスに注意しながら練習します。間違えたらやり直しです!

12時間目

短文の入力② 引き続き短文の入力練習。カタカナへの変換や英単語などが出てくる、難易度高めの課題も多数!

13時間目

長文の入力① 短文を組み合わせた長文にチャレンジ!10分間の入力文字数を計測しながら練習していきます。

14時間目

長文の入力② 引き続き長文入力を時間を計って練習します。速く打つために指の動きを間違えないよう、講師が横でチェックしながら練習します。

15時間目

長文の入力③ 最後に、10分間での入力文字数を計ります。1時間目の時と比較して、入力文字数が確実にアップしているはずです!

タイピング速習400文字アップ講座の難易度・講座時間・受講料金

難易度 ★★★☆☆
受講時間 15コマ
対応バージョン 全てのバージョンに対応可
コース料金(税込)
受講料
テキスト代
82,500円
3,300円
合計 85,800円

タイピング速習400文字アップ講座の無料体験コースはこちら

<ソフトキャンパスのタイピング速習400文字アップ講座は、完全1対1のマンツーマンでタイピングのレッスンを受けることができます。まずはどんな授業をするのか体験してみてください!

CASE
A

自分で練習してみたけれど
速くならない…とお困りの方

  1. 10分間でどのくらい打てるか、スキルチェックを行います。
  2. 自分で練習していた時の方法は何がダメだったのか、ズバリ指摘します。
  3. 現時点でのタイピングスピードに合わせて、目標とレッスンの計画を立てましょう。

CASE
B

入力が遅く仕事に時間が
かかっている…という方

  1. 10分間でどのくらい打てるか、スキルチェックを行います。
  2. 現在のタイピングの癖、矯正しないといけないポイントなどを診断します。
  3. お仕事の内容をお伺いして、どのくらい入力できれば良いか、目標を決めましょう。