パソコン資格の定番!当校は認定試験会場です!
MOS - Microsoft Office Specialist

Word(ワード)文書処理技能認定試験

Word(ワード)文書処理技能認定試験

word文書処理技能認定試験(Microsoft word Processing Skills Qualification Test)とはDTPやwebの試験を行っているサーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が主催するMicrosoft word(マイクロソフトワード)を用いた文書作成技能と、ビジネス実務への展開能力を認定する試験です。全国で40万人が受験しており、合格率は70%を超えています。

word(ワード)文書処理技能認定試験1級

Microsoft word(マイクロソフトワード)を用いて高度なビジネス文書処理を行うことができる。同時に、パソコン、表計算、ワープロ、ビジネス文書に関する高度な実践的技能を駆使して業務処理を効率化できるかが判定の基準となり、難易度はExpert(エキスパート)レベルです。

・試験時間 知識試験・・・15分 実技試験・・・90分
・合格基準 知識試験と実技試験の合計得点において得点率70%以上
・出題形式 知識試験・・・文書処理、Microsoft word(マイクロソフトワード)に関する知識 15問
コンピュータに表示される多肢選択式の試験問題
実技試験・・・Microsoft word(マイクロソフトワード)の操作によるdoczファイル、dotxファイルの作成・編集
連続したテーマによる大問形式5問
コンピュータに表示される仕様や指示に基づきドキュメントを作成
・推奨OS windows10・8.1・8・7
※macOSは非対応
・Office(オフィス)のバージョン 2007・2010・2013・2016

word文書処理技能認定試験2級

Microsoft word(ワード)を用いて通常のビジネス文書処理を行うことができる。同時にパソコン、ワープロ、ビジネス文書に関する実践的な技術を有しているかが判定の基準となります。

・試験時間 知識試験・・・15分 実技試験・・・90分
・合格基準 知識試験と実技試験の合計得点において得点率70%以上
・出題形式 知識試験・・・文書処理、Microsoft word(ワード)に関する知識 15問
コンピュータに表示される多肢選択式の試験問題
実技試験・・・Microsoft word(ワード)の操作によるdoczファイルの作成・編集
連続したテーマによる大問形式5問
コンピュータに表示される仕様や指示に基づきドキュメントを作成
・推奨OS windows10・8.1・8・7
※macOSは非対応
・Office(オフィス)のバージョン 2007・2010・2013・2016

word(ワード)文書処理技能認定試験3級

Microsoft word(マイクロソフトワード)を用いて簡単なビジネス文書を作成することができる。同時に、パソコン、ワープロ、ビジネス文書に関する基礎的な技能を有しているかが判定の基準となります。

・試験時間 実技試験・・・60分
・合格基準 実技試験の得点において得点率70%以上
・出題形式 実技試験・・・Microsoft word(マイクロソフトワード)の操作によるdoczファイルの作成・編集
連続したテーマによる大問形式5問
コンピュータに表示される仕様や指示に基づきドキュメントを作成
・推奨OS windows10・8.1・8・7
※macOSは非対応
・Office(オフィス)のバージョン 2007・2010・2013・2016

ソフトキャンパスでもword(ワード)文書処理技術認定試験が受けられる!

ソフトキャンパスは様々な種類の試験や検定の試験認定会場となっています。もちろん、word文書処理技能認定試験も受験することが可能です。試験当日知らない場所で緊張する、いつもと違う機器で操作がうまくできないということがありません。いつもの通い慣れた教室でリラックスして検定を受けることができます。試験結果は役1ヵ月後にわかり、知識問題・実技問題の各得点率を知ることができます。合格者には認定証も届くので、履歴書に記載することも可能です。パソコン初心者の方は、まずは基礎レベルの3級から1つずつレベルアップしていくのをおすすめします。

マンツーマンだから解決が早い!

ソフトキャンパスはパソコン初心者のための講座から資格対策の講座まですべての講座が1対1のマンツーマン講座となっています。講師が隣でつきっきりで授業を行うため、わからないことや苦手な点をその場で質疑することができるので、すぐに解決することができます。操作をしっかりと隣で見ているので、間違って操作を覚えるという心配がなく、試験問題を時間内で解けるようword(ワード)には重要なタイピングのアドバイスや効率のいい操作の仕方も聞くことができます。また、マンツーマン講座なので一人ひとりにあったペースとカリキュラムで周りを気にせず、資格取得を目指すことができます。

オフィスマスターとは?

サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が主催するOffice(オフィス)系技能認定試験の1級すべて(Excel・Word・Access・PowerPoint)に合格すると、ビジネスアプリケーションソフトウェアの総合エキスパートである「サーティファイ・オフィス・マスター」の称号がもらえます。コンピュータを利用して多角的にビジネス実務を処理できる能力をアピールすることができ、アプリケーション操作技能を指導するインストラクターにとっても幅広い高度なスキルを証明することができるため、就職活動において有利な資格となります。
就職や転職をする方は、Office(オフィス)を使える、ではなく、使いこなせる、パソコンに強い、とアピールするためにマスターレベルの資格取得をおすすめします。

就職・転職にword(ワード)文書処理技能認定試験の資格は必須!

就職や転職活動において、まずはどこの企業も書類審査から始まります。資格がなければ証明することもアピールすることもできません。面接でアピールすればいいやと思う方もいらっしゃると思いますが、書類審査を通過することができなければその機会も逃してしまいます。そして、多くの方が間違えていますが、「word(ワード)を使える」というのは文字の入力のことではありません。文字の入力はパソコンの入門レベルで、word(ワード)だけでなくどんなソフトにも必要な基本中の基本です。入力できたとしてもタイピングが遅いのでは実践レベルとは言えません。word(ワード)の機能としっかりと理解し、効率よくデータの作成・編集ができることが重要です。時間内で解く試験だからこそ、資格という形で能力を示すことができるのです。

実務レベルのスキルで即戦力になる!

事務職などのデスクワークに就きたいと考えている人は全国にたくさんいます。事務職の有効求人倍率が1%に満たない地域もあります。人件費削減と騒がれている今は、研修制度が少ない企業がほとんどです。その中に無資格・未経験で応募をしても即戦力になれないため、書類審査すら通りません。そして、資格を持っていても基礎レベルの資格を持っている人は全国に何十万人といるため、アピールすることは難しいです。まずは即戦力になれるとアピールするために、1歩進んだ実務レベルの資格が必要となります。

ソフトキャンパスで学べるword(ワード)文書処理技能認定試験の内容は?

  • ・文書書式の設定(ページレイアウト)
  • ・入力操作(文字の入力について)
  • ・表の作成
  • ・オブジェクトの活用(図形・画像ファイルなど)
  • ・編集(書式設定・文書校正・脚注・ハイパーリンクなど)
  • ・印刷(印刷設定)
  • ・ファイル操作と管理(形式別の保尊・表示・データ処理など)
  • ・ワープロの運用管理(VDTなど)

word(ワード)とは何か?

実務レベルでWordを学べる!

word(ワード)という言葉を聞いたことがある人は大勢いると思いますが、word(ワード)でできることは皆さんが知っている以上にたくさんあります。word(ワード)と聞くとワープロソフトを想像する人もいますよね。しかし、ワープロのように入力するだけでなく、word(ワード)にはもっと優れた機能が詰め込まれています。論文や報告書などのビジネス文書の作成はもちろん、はがきの宛名面・文書面の作成、ラベルの作成ができるため、多くの企業で使用されています。

また、図形や写真、イラストを挿入し、明るさや色の変更など、簡単に加工ができるので、パソコン初心者の方にはおすすめのソフトです。また、ワードアートという機能を覚えればPOPの作成も簡単に行うことができます。ソフトキャンパスに入校される多くの方が、「word(ワード)でこんなことができるなんて知らなかった」と感動します。word(ワード)が使える=文字の入力ができる、ではありません。会社の即戦力になるためにはできることを増やし、速く正確に作業をすることが重要です。ソフトキャンパスはマンツーマン授業なので、隣で皆さんの操作を確認します。実務経験を積んだ講師がテキストには載っていない効率のいい操作をお伝えします!今まで資料作成に30分かかっていた人は15分で作成も夢ではありません。IT系の企業ではパソコンスキルを測るために職務経歴書や送付状だけでなく、履歴書もパソコンで作成させるところもあります。就職活動をする前にスキルアップをし、就職・転職に備えましょう!

コースのご紹介

  • 簿記の資格
  • MOS(Word・Excel・PowerPoint)
  • 医療事務の就職に役立つ資格
  • CAD(Auto CAD・JW CAD)
  • Webデザイン・HTML・CSSなど
  • DTPオペレーター・デザイナー向けの資格
  • ネットワーク系の資格
  • プログラム・プログラマー向けの資格
  • 企業研修(中小企業・助成金が使える研修)
  • 国家2級検定キャリコン(キャリアコンサルタント)
  • シニア専門パソコン教室
  • 小学生のためのロボット教室・プログラム講座

PAGE TOP