パソコン資格の定番!当校は認定試験会場です!
MOS - Microsoft Office Specialist

コンピュータサービス技能評価試験(ワープロ部門)

コンピュータサービス技能評価試験とは?

コンピュータサービス技能評価試験(CS検定)ワープロ部門3級とは、「職業能力開発促進法」という、国が定めた法律に基づき職業能力評価の専門機関として設立された、「職業能力開発協会」という公的な機関が行う試験です。Word(ワード)をはじめとするワープロソフト操作の初心者を想定したレベル設定となっており、入門レベルの問題内容となっています。仕事で活用できる能力を評価する試験であるため、即戦力の人材を育成、評価することができます。様々な種類の資格試験がありますが、その中でも就職担当者の間でよく知られている資格の1つです。

参照元:コンピュータサービス技能評価試験公式サイト

就職・転職に有利なコンピュータサービス技能評価試験(CS検定)ワープロ部門3級資格ってどんな試験?

コンピュータサービス技能評価試験(CS検定)ワープロ部門3級は、CS検定とも呼ばれています。Word(ワード)やExcel(エクセル)等のOfficeソフトを作っているマイクロソフト社公認のMOS試験に比べれば認知度は低いものの、厚生労働省系の公的資格であり、合格まで辿り着くと各部門に応じた「技士」の称号を受け取ることができます。また、使用ソフトは問わない試験ですので、シェアの大部分を占めるマイクロソフト社のソフト以外でも称号は有効となります。さらに、履歴書に書ける資格であるため、基本的なワープロソフト操作ができることを就職活動の際にアピールすることができます。特に、事務職への就職・転職を目指される方には、経理の知識とワード・エクセルの資格を身に着けることをおすすめしています。

パソコンスクール・ソフトキャンパスでCS検定ワープロ部門3級資格を習うと何がいいの?

コンピュータサービス技能評価試験(CS検定)ワープロ部門3級のめやすの学習時間は2~3か月間と規定されています。これは、1からWord(ワード)の勉強をする方が資格取得にかかる時間と規定されています。一般的なビジネス専門学校、パソコンスクールでは30時間から50時間のコース設定が多いですが、パソコンスクール・ソフトキャンパスで勉強すれば、たった16時間で合格することができます。

どうして16時間という、独学とは比べ物にならないスピードで短時間合格することができるのでしょうか?その秘密は、パソコンスクール・ソフトキャンパスのマンツーマンで授業にあります。授業の時間は講師が1人の生徒さんに60分間付きっきりですので、不明点は聞きたいときに隣の講師に聞いて解決できます。集団授業や個別指導(多くは講師1人に対して生徒4~5名)などの他の勉強方法とは異なり、質問できない、または質問をしたくても周りを気にしてできない、ということは一切ありません。

ソフトキャンパス内での合格率はなんと100%!マンツーマンできめ細かな授業を受けていただいているからこそ、コンピュータサービス技能評価試験(CS検定)ワープロ部門3級に短期間で確実に合格することができます。もちろん、独学では身に着かないような効率的な操作方法、豆知識などためになる情報もしっかりお伝えしています。

また、ソフトキャンパスは資格取得から就職までを完全サポートしています。「就職担当はどういったことを考えているか」「資格は目指している就職先でどう役に立つのか」など、長年のノウハウがあるからこそお伝えできる部分も多いです。

いつもの環境で就職・転職に役立つCS検定ワープロ部門3級資格の受験ができます

パソコンスクール・ソフトキャンパスはコンピュータサービス技能評価試験(CS検定) ワープロ部門3級の認定校となっているため、お近くのソフトキャンパスの教室で受験していただくことが可能です。慣れ親しんだいつもの環境で試験を受けていただけるため、平常心でリラックスして試験に臨むことができます!

コンピュータサービス技能評価試験(CS検定)ワープロ部門2級資格

コンピュータサービス技能評価試験(CS検定)2級は、「職業能力開発促進法」という法律で職業能力評価の専門機関として設立された職業能力開発協会と呼ばれる機関が行う試験です。Word(ワード)操作の実務を想定したレベル設定となっており、中級程度の位置づけとなっています。仕事で活用できる能力を評価するため、Word(ワード)を使った業務の即戦力の人材を育成、評価できます。 様々な種類の資格試験がありますが、その中でも就職担当者の間でよく知られている資格の1つです。

就職・転職に有利なコンピュータサービ技能評価試験(CS検定)ワープロ部門2級資格ってどんな試験?

コンピュータサービス技能評価試験(CS検定)ワープロ部門2級試験は、CS検定とも呼ばれています。パソコンの資格といえば真っ先に思い浮かぶMOS試験に比べれば知名度は低いのですが、厚生労働省系の公的資格で、合格すれば各部門に応じた「技士」の称号が与えられます。また、使用ソフトに無関係ですのでよく使われるマイクロソフト社のソフト、Word以外でも称号は有効です。履歴書に書けるため、就職活動にもプラスになります。

パソコンスクール・ソフトキャンパスでCS検定ワープロ部門2級資格を習うと何がいいの?

コンピュータサービス技能評価試験(CS検定)ワープロ部門2級取得までにかかる学習時間はおよそ3か月位が目安となります。Excelも2級まで取得すると考えると、単純計算で6か月もの時間が必要になります。
ソフトキャンパスのコンピュータサービス技能評価試験(CS検定)ワープロ部門2級講座であれば、たった16時間でしっかりした検定対策をしながら試験に合格することができます!この16時間というのは、独学に比べとにかく効率的だといえます。また、効率がよいだけではなく、「分からないところをすぐ聞ける」というのはソフトキャンパスのマンツーマン授業ならではです。講師を1時間独り占めできると考えてみると、イメージをつかみやすいかと思います。

資格取得までの速さの秘密は、好きな時間に好きなだけ通える、ということです。また、先生が授業中ずっと隣にいるので、授業時間中に無駄な時間は全くありません。通信教育だと、メールやFAXで質問をすることが多いので、回答が返ってくるまでに時間がかかり、それがストレスのもととなってしまいます。また、集団講義などでは、「自分1人のために授業を止めるわけにはいかない」という意識がはたらき、聞きたいときにすぐに質問ができず、フラストレーションが溜まることもあります。

また、ソフトキャンパスは資格取得から就職までを完全サポートしています。「就職担当はどういったことを考えているか」「資格は目指している就職先でどう役に立つのか」など、長年のノウハウがあるからこそお伝えできる部分も多いです。

コンピュータサービス技能評価試験ワープロ部門2級資格を勉強すると何が良いの?

コンピュータサービス技能評価試験(CS検定)ワープロ部門2級は、実際に業務で使う機会の多い操作を学べる、というところが大きな魅力です。特に、実務レベルの2級を取得できれば、これから就職・転職活動をお考えの方にとって、履歴書の資格欄にパソコンスキルの証明として書けるだけではなく、実務でWord等のワープロ系ソフトを使いこなせることを証明するとこができます。

コンピュータサービス技能評価試験(CS検定) ワープロ部門1級資格

コンピュータサービス技能評価試験(CS検定)1級とは、国が定める法律、「職業能力開発促進法」で職業能力評価の専門機関として設立された職業能力開発協会が行う試験です。Word操作のエキスパートを想定したレベル設定となっており、実務で役に立つ内容です。仕事で活用できる能力を評価するため、即戦力の人材を育成、評価できます。 就職・転職に役に立つ資格と言えます。

コンピュータサービス技能評価試験(CS検定) ワープロ部門1級ってどんな試験?

CS検定とも呼ばれています。MOS試験に比べれば知名度が低いのですが、厚生労働省系の公的資格で、合格すれば各部門に応じた「技士」の称号が与えられます。(国家資格の技能検定ではありませんので、ご注意ください。)また、使用ソフトに無関係ですのでマイクロソフト社のソフト以外でも称号は有効です。勿論、就職活動にもプラスになります。 資格の難易度一覧でもパソコン系の資格では上位に来ることもあり、確かなスキルを証明できます。

パソコンスクール・ソフトキャンパスでCS検定ワープロ部門1級資格を習うと何がいいの?

コンピュータサービス技能評価試験(CS検定)ワープロ部門1級取得までにかかる学習時間はおよそ4か月位が目安となります。Excelも1級まで取得する場合、計算上2倍の時間が必要になります。
ソフトキャンパスのコンピュータサービス技能評価試験(CS検定)ワープロ部門1級講座であれば、たった16時間で合格することができます!独学で取得を目指す場合と比べ、圧倒的に効率的です。また、独学で挫折された方の多くは、「聞きたいときに聞く相手がいない」、「分からないところが分からない」と口にされます。そういった勉強を進める上でのトラブルも格段に減り、スムーズでストレスのない資格対策をすることができます。

マンツーマン授業の速さの秘密は、好きな時間に通える、ということです。また、先生が授業中ずっと隣にいるので、授業時間中に無駄な時間は1分たりともありません。通信教育だと、質問にメールやFAXを使うことが多いので、回答までに時間がかかり、それがストレスとなってしまいます。また、集団講義などでは、講師1人に対して複数の生徒さんがいるため、周りに気を遣ってしまうあまり、聞きたいときに質問ができないといったことがあり、効率が落ちます。

また、ソフトキャンパスは資格取得から就職までを完全サポートしています。「就職担当はどういったことを考えているか」「資格は目指している就職先でどう役に立つのか」など、長年のノウハウがあるからこそお伝えできる部分も多いです。

コンピュータサービス技能評価試験ワープロ部門1級資格を勉強すると何が良いの?

コンピュータサービス技能評価試験(CS検定)ワープロ部門1級は、実務で使う機能を集中的に習得できる、という点が大きな魅力です。特に、上級レベルの1級を取得できれば、履歴書に書けるアピールポイントになるだけではなく、実務でWord等のワープロ系ソフトを使いこなせる実力が身につきます。

コンピュータサービス技能評価試験ワープロ部門1級資格を目指される方へ

もちろん、授業の前後には予習や復習が欠かせません。ご自分で自由に使えるパソコンがない、受験するバージョンのソフトを持っていない、という方、また、自宅だと気が散るので集中して勉強したい、という方、ソフトキャンパスでは、受講生の方に「フリースペース」を提供しております。1時間108円という金額でPCや対策ソフトを使って勉強することができます。授業で習ったことをしっかりと反芻し、定着させてから次の授業に臨みましょう!

いつもの環境で就職・転職に役立つCS検定ワープロ部門1級資格の受験ができます

ソフトキャンパスはコンピュータサービス技能評価試験(CS検定) ワープロ部門の認定校となっているため、お近くのソフトキャンパスの教室で受験していただくことが可能です。慣れ親しんだいつもの環境で試験を受けていただけるため、平常心でリラックスして試験に臨むことができます!

CS検定(Word)

コースのご紹介

  • 簿記の資格
  • MOS(Word・Excel・PowerPoint)
  • 医療事務の就職に役立つ資格
  • CAD(Auto CAD・JW CAD)
  • Webデザイン・HTML・CSSなど
  • DTPオペレーター・デザイナー向けの資格
  • ネットワーク系の資格
  • プログラム・プログラマー向けの資格
  • 企業研修(中小企業・助成金が使える研修)
  • 国家2級検定キャリコン(キャリアコンサルタント)
  • シニア専門パソコン教室
  • 小学生のためのロボット教室・プログラム講座

PAGE TOP