実践スキルもUP!当校は認定試験会場です!
プログラマーの資格

C言語の資格

C言語プログラミング能力認定試験

C言語は、記述の自由度が高く、使用可能な環境やIT機器がが多いなど、現在最も広く普及しているプログラミング言語です。このC言語のプログラミング能力の測定を目的に、開始されたのがサーティファイが主催している技能検定試験の「C言語プログラミング能力認定試験」です。

所有しているC言語のスキルのレベルに合わせて、1級・2級・3級という3段階の難易度で認定基準を設けているので、これから新たにプログラミングを習得する方から、現在プログラマやシステム・エンジニアとして既に活躍されている高度なIT技術をお持ちの方まで、幅広い層の方が受験できる検定となっております。

公式サイト:C言語プログラミング能力認定試験

国家資格取得も目指せる!C言語プログラミング能力認定試験

C言語プログラミング能力認定試験の2級や3級の内容は、経済産業省認定「基本情報技術者試験」の午後問題の出題形式も意識して作成しています。そのため、基本情報技術者試験の学習と並行している方も多く見られます。保有しているITスキルのレベルに応じた検定取得を目標としていただくことで、C言語のプログラミング能力を高めるだけではなく、国家資格である基本情報技術者試験の合格にもつなげていける検定試験なのです。

C言語は最も普及しているプログラミング言語ということもあり、IT企業やITを活用する業界に努めたい方にとても人気のある検定で、プログラミングの基礎であるC言語を知っていることで就職活動にも有利になります。3級や2級取得後に、さらにスキルアップするために、国家試験取得を目指すこともできるので、学習や検定取得をしておいて間違いのない検定試験なのです。

C言語プログラミング能力認定試験って難易度はどれくらい?

ソフトキャンパスの講座はすべてが1対1の完全マンツーマン授業です。もちろん、プログラムの学習も1対1で行っています。 各種検定試験対策講座の取り扱いを行っており、C言語プログラミング能力認定試験については、 1級から3級までの検定試験対策授業があります。試験は3級・2級・1級に分かれており、基本的なプログラミングのスキルがあるか問われる3級から、C言語をフル活用して応用的なプログラムを組み立てる1級まで用意されています。

各級に応じて難易度は違いますが、個人個人のスキルを講師が確認し、その生徒さんにあった難易度の級を受験していただくことが可能です。

無理なく自分に合ったペースで徐々に受験する級をアップしていただいても問題ありません。
多くの企業で情報処理の指導の一つとして導入されている資格であり、プログラマ・システム エンジニアのスキルチェックにも活用されています。 企業の人事担当者には自社スタッフのスキル確認やモチベーション向上へつなげる手段と して利用することができます。 また、個人での資格取得は、実務に必要なスキルを磨き仕事に役立てることを目的に、 そしてその証明のために活用されています。実務に必要なスキルを証明できることもあり、IT業界(プログラマ)への就職・転職活動にも役立ちます。そのため、どの級もしっかりとした学習も必要となります。

C言語プログラミング能力認定試験3級

C言語プログラミング能力認定試験3級の認定については以下のようになっています。

認定基準

C言語の基本的な概念を理解し、簡単なプログラムが書けること。
(試験時間は60分)

出題範囲

定数(整数定数、文字定数、文字列リテラル、)、演算子、型指定子、変数、基本制御文、プリプロセッサ機能、 ライブラリ関数、その他(Cの歴史と特徴)

C言語プログラミング能力認定試験2級

C言語プログラミング能力認定試験2級の認定については以下のようになっています。

認定基準

小規模のプログラム(500行程度)を適切に記述する事が出来る。
(ポイント:理路整然としている、簡潔である、正しく書けている、速く書けている)
また、各種の基本アルゴリズムを理解していること。

出題範囲

定数・演算子・宣言指定子・変数・外部定義・プリプロセッサ機能・ライブラリ関数・その他
(main関数の引数、整数型以外の関数・自己参照構造体・変数の記憶クラスと通用範囲 (auto、static、register、extern))

C言語プログラミング能力認定試験1級

C言語プログラミング能力認定試験1級の認定については以下のようになっています。

認定基準

C言語駆使して、応用プログラム(言語処理系、ユーティリティなど)が作成できる能力を有すること。
また、自身が使用しているOSについて理解をしていること。
(試験時間は150分)

出題範囲

「アスレチックプログラム」(試験の事前に公開されるテーマプログラム)に対する仕様変更と、 仕様追加等の課題についてのプログラム作成。変更仕様書の作成も含む。

C言語プログラミング能力認定試験3級をソフトキャンパスで習う利点は?

プログラムの学習を完全マンツーマンで行えるのはソフトキャンパスだけ!C言語プログラミング能力認定試験3級の 学習時間目安はおよそ110時間(検定HPより)。特に3級試験はプログラム学習初心者が必要と思われる学習時間が設定 されているため、かなり長期にわたる学習を覚悟しなければならないように感じてしまいます。

しかし、ソフトキャンパスでのC言語プログラミング能力認定試験3級の検定対策講座の全受講時間は15時間!もちろん、試験 対策に入る前の基礎・応用の知識をつける学習が必須ではありますが、検定試験対策にかける時間がここまで短くて済むのも 完全マンツーマンで受講ができるソフトキャンパスだからなのです。学校でいくら勉強しても、いざ自力で、一人で問題を解くとすっかり忘れてしまっている… というのはよくあることです。授業では常に隣に講師がいるので、わからないところは質問しながら進め ることができますが、試験と同様に自分の力だけで解こうとするとやはりわからないところがでてきますよね。ソフトキャンパスの講師陣は、今までの検定試験の対策ができているので検定試験を解く際のポイントや注意点までお伝えするので、自宅で復習する際も役に立ちます。

プログラムのプロから習う密度の濃い授業と、その後の復習を組み合わせることで、試験合格に向けてのスキルアップを行っています。

C言語プログラミング能力認定試験3級が、どうして短期間で取得可能なの?

やはりその答えは「1対1の完全マンツーマン授業」です!プログラムを独学で行うにはかなりの基礎スキルが必要となりますが、 ソフトキャンパスのマンツーマン講座では、例えばテキスト中に出てくる「専門用語」もその場で講師に質問できるからすぐに解決。 わからないなあ、なんとなく進もうかなあ、と独学を進めてしまうと、後で取り返しのつかないことになる可能性もあります。 そして『個別指導』『集団授業』とは異なり、いつでも、授業が進んでいる間でも質問をすることができるというのが利点です。 わからないところをしっかり聞いて、効率よく学習を進める。この繰り返しによって、短期間でのスキルアップと資格取得が可能 なのです。

また、テンポよく授業が進むので、集中力が途切れないのも、ソフトキャンパスの講座の特長です。現場の声を聞くこともできますので、知らなかった知識や、その業界の常識などもリアリティがあるので定着しやすいのです。

プログラミングをマスターすることで就職が有利になるのはどうして?

WordやExcelといったソフトは、パソコンを購入することで誰でも気兼ねなく使うことができるのですが、プログラミングはそのソフトを動かすための指令の部分にあたるので、誰でも簡単に知ることができないのです。また、やってみようと思わない限り、知らない分野でもあります。

今はパソコンを使えるのは当たり前となっています。プログラミングを学んで、パソコンを使える人材という位置づけではなく、『パソコンに指令を与えられる人材』という価値を自分自身に着けることができるのです。
プログラミングはまだまだ特殊なスキルです。使いこなす人が少ない今のうちに知識を身に着け、転職や就職を有利に運びましょう。

C言語プログラミング能力認定試験3級対策に使っているのは普通のテキストなの?

授業では学習状況や学習する科目によってオリジナルや市販のテキストを組み合わせながら使用して進めていきます。 講師が実際に使用してわかりやすいと思った市販テキストや、意見の多かったところを集めたオリジナルテキストですので、 短期間での資格取得に役立っています。

プログラミングをマンツーマンで教わることができるのは限られたスクールだけ!

職業訓練や学校など、集団で受講できる機会はあるのですが、自分の好きな時間に完全マンツーマンで受講できるスクールはそれほど多くありません。
ソフトキャンパスなら一対一で学べるので、自分がわからないことを聞け、テキストにはないプラスアルファの情報、特に現場経験のある元プログラマの声がきけるので、資格取得だけではなく即戦力の人材として転職にも有利です。

C言語を学ぶメリットは?

C言語から派生したプログラムはたくさんあります。PHPやRubyなどのプログラミング言語、LinuxなどのOSもそうなのです。
C言語の知識を得ることは、コンピュータの根本的な知識を身につけることにもつながります。
パソコンの中身といったパソコンそのものに強くなれる、というメリットがあるのですね!

また、C言語はプログラム言語の中でも処理速度は最速なので、時間がかかる処理も、スムーズに行うことができます。

C言語で出来ることは?

C言語が得意としていることは、『ロボットなどを作ること』や『ソフト・OSを作ること』。
家電製品や電子機器など、様々な機器に指令を出すことを得意としています。
指示を出すものの中にはロボットや、パソコンといったものも含まれます。
WindowsやMac、LinuxもC言語から生まれたのです!

・自分のロボットを作りたい!
・パソコンの根本について特に知りたい!
そんな人は、プログラムの基本言語であるC言語をがおすすめです。
アプリ開発やゲーム作成、サーバー構築やネットワークの管理者など、技術者を目指すならソフトキャンパスで効率よくC言語を学び、その証明といえる資格も取得しましょう。

アプリ開発やゲーム作成、クリエイタを目指すなら、入門編でC言語を学ぼう!

スマートフォンが普及し、ゲームや便利な機能が『アプリ』で追加することができるようになりました。アプリ開発関連の本も増え、Webサイトで検索しても容易に見つけることができます。
ソフトキャンパスの講座の中でもプログラムは人気のある講座の一つです。
プログラマになりたいけど、どのプログラムから勉強すればいいかわからないという方や、IT会社に就職したのでパソコンの基本的なプログラムを覚えたいという方は、入門編にC言語を学ぶとよいでしょう。

C言語もマンツーマン授業

コースのご紹介

  • 簿記の資格
  • MOS(Word・Excel・PowerPoint)
  • 医療事務の就職に役立つ資格
  • CAD(Auto CAD・JW CAD)
  • Webデザイン・HTML・CSSなど
  • DTPオペレーター・デザイナー向けの資格
  • ネットワーク系の資格
  • プログラム・プログラマー向けの資格
  • 企業研修(中小企業・助成金が使える研修)
  • 国家2級検定キャリコン(キャリアコンサルタント)
  • シニア専門パソコン教室
  • 小学生のためのロボット教室・プログラム講座

PAGE TOP