MTA Microsoft Power Platform Fundamentals (PL-900)講座

MTA Microsoft Power Platform Fundamentals (PL-900)コースは、Microsoft Power Platformの機能について正しく理解しデータ分析やアプリの開発などについての知識を持っていることを証明できます。

Power Platform の機能や、Power Automate 機能、Power BI、 Power App、Power Virtual Agentsについて知識があり実証できることを証明できる資格です。

  • 特徴
    1

    15コマでMTA Microsoft Power Platform Fundamentals (PL-900)合格までの知識を身につけることができます。
  • 特徴
    2

    プラットフォームを作成するのに必須の知識・スキルが学べる
  • 特徴
    3

    マンツーマンなので自分のペースで受験までの学習を進められる

マンツーマンのMicrosoft Power Platform Fundamentals (PL-900)コースのカリキュラム・概要

Microsoft Power Platform Fundamentals (PL-900)講座

15コマでビジネスプラットフォームの基本構造が理解できるMTA Microsoft Power Platform Fundamentals (PL-900)コースのカリキュラム内容

1~2コマ目

Microsoft Dynamics 365とは デジタルトランスフォーメーション、Microsoftのビジネスアプリケーション、人工知能、複合現実

3~4コマ目

アプリについて① Power Apps の概要、キャンバス アプリの構築方法

5~6コマ目

アプリについて② モデル駆動型アプリの構築方法、Power Apps ポータルの概要

7~8コマ目

自動化の仕組みについて Power Automate の概要、自動化されたソリューションの構築方法

9~11コマ目

ダッシュボードの作成について PowerBIの概要、簡単なダッシュボードを作成する方法

12~13コマ目

チャットボットの作成について Power Virtual Agents の概要、基本的なチャットボットの構築方法

14~15コマ目

模擬問題 模擬試験練習

MTA – Microsoft Power Platform Fundamentals(PL-900)コースの難易度・コース時間・コース料金

難易度 ★★★★☆
受講時間 15コマ
対応バージョン 特になし
コース料金(税込)
受講料
テキスト代
85,800円(税込)
4,400円(税込)
合計 90,200円

MTA Microsoft Power Platform Fundamentals(PL-900)コースの無料体験コースこちら

ソフトキャンパスのMTA Microsoft Power Platform Fundamentals (PL-900)コースは、本物の1対1マンツーマンで授業を受けられます。まずはどんな授業をするのか無料で体験してみましょう!

CASE
A

パソコンは初心者だけどプラットフォームの開発に興味があるという方への無料体験①

  1. 興味がある内容がどのような種類の物の開発かをヒアリングします。
  2. 基礎からの学習なので初心者の方でも安心して始められます。
  3. 講師と合格までのスケジュールを一緒に計画してみましょう!

CASE
B

スキルアップのためにMTA Microsoft Power Platform Fundamentals (PL-900)を取得したい、という方への無料体験②

  1. 試験の出題範囲について解説します。
  2. 概要についての理解はあるか、実際に開発経験はあるのかなどをヒアリングします。
  3. 重点的に勉強しなければならない部分の洗い出しをして、受験までの受講スケジュールを立てましょう!