Oracle Java Silver(オラクルジャバ シルバー)

Oracle Java Silver(オラクルジャバ シルバー)とは、Oracle社が認定している、 Java(ジャバ)言語の包括的な知識やJava(ジャバ)アプレット等の基本的な技術力から 実践的な開発力・設計力を認定する資格です。Silver(シルバー)資格は日常的なプログラミング・スキル だけでなく、さまざまなプロジェクトで発生する状況への対応能力も評価することを目的としています。

ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・十和田・八戸 Javaプログラミング能力認定試験とは:イメージ写真

Oracle Java Silver(オラクルジャバ シルバー)ってどんな試験なの?

Oracle Java Silver(オラクルジャバ シルバー)SE 7 / 8認定資格は、、Java(ジャバ) アプリケーション開発に必要とされる基本的なプログラミング知識を有し、上級者の指導のもとで 開発作業を行うことができるという開発初心者向けの試験です。日常的なプログラミング・スキル だけでなく、さまざまなプロジェクトで発生する状況への対応能力も評価することを目的としています。 Oracle Java Silver(オラクルジャバ シルバー)SE 7 / 8認定資格を取得するためには、Java SE 7 Programmer I(1Z0-803)/Java SE 8 Programmer I (1Z0-808-JPN) 試験の合格が必要です。

Oracle Java Silver(オラクルジャバ シルバー)の特徴は?

Java SE 7 Programmer I(1Z0-803)……出題数70問、試験時間120分の選択式で出題される試験です。 Java SE 8 Programmer I (1Z0-808-JPN)……出題数77問、試験時間150分の選択式で出題される試験です。 Silver(シルバー)資格は、Javaの実務経験が2~3年ある人、もしくはそれに相当する人が目指す試験内容となっていて、 実務レベルの知識がベースとなるので、超初心者向けの試験というわけではありません。Javaの基本文法と、オブジェクト 指向プログラミングを理解しているかどうかが、主な出題項目であり、プログラミングのために必要となる仕様を、詳細に 理解しているかどうかが問われます。 Silver(シルバー)資格には受験前の前提となる資格はありませんので、Bronze(ブロンズ)資格が必須となるわけでは ありません。ただし、Silver(シルバー)資格の範囲はBronze(ブロンズ)資格と重なっている部分も多くありますので、 予習としてBronze(ブロンズ)を勉強するのは効果的です。 【試験のトピック……Javaの基本・Javaのデータ型の操作・演算子と判定構造の使用・配列の作成と使用・ループ構造の 使用・メソッドとカプセル化の操作・継承の操作・例外の処理・Java APIの主要なクラスの操作】

Oracle Java Silverをソフトキャンパスで習う利点は?

Oracle Java Silver(オラクルジャバ シルバー)資格を目指す方は、実務経験者か、それ相応のスキルを身に付けて 専門業界への挑戦を考えているかたのどちらかになると思います。ソフトキャンパスでは実務経験を長年積んできたプロが 講師を務めますので、独学でつまずいたときや復習の時点でわからなくなっても、いつでも授業で教えてくれます。プログラム の授業をマンツーマンでしっかり指導できるのはソフトキャンパスだけ!講師を「師匠」と慕い、就職や転職を叶えた後でも学校 に顔を出してくださったり、近況報告をしに来てくださったりする生徒さんがたくさんいます。

Oracle Java Silverが、どうして短期間で取得可能なの?

就職・転職・資格取得に強いソフトキャンパスの秘密はなんといっても「完全1対1のマンツーマン授業」です。 学習できるスクールは数多くありますが、講師が直接、隣で、実際に指導してくれる形態で学習ができるのはソフトキャンパスだけ! 動画を見て学習をするオンライン・eラーニングとは違います。講師の直接指導を受けることができるので、学習の流れの中で万が 一理解できないところが出てきても、その場で質問し、直接解答してもらうことが可能です。 また、「完全マンツーマン」なので、「個別指導」「集団授業」とは異なり、講師の様子をうかがって質問するタイミングを考える ということが必要ありません。後で聞こう、あの人への対応が終わってから聞こう、と考えていると、結局わからないまま……という ことも少なくありません。わからないと感じたらその場で質問でき、難しいと思ったときにもう一度聞ける、それがマンツーマン授業 の特徴です。だからこそ、短期間でのスキル習得が可能なのです。 学習後には復習の時間を取ることをお勧めしています。授業では講師の指導に従って操作するので、できている気持ちになりがちなので すが、実際に自分一人で操作してみると案外できないことも。本当に理解しているか、自力で試してみましょう。ソフトキャンパスには フリースペースという自習専用パソコンを用意しているので、ここで集中して復習の時間を取ることができます。家に学習環境がない、 というかたも安心して使えます。
ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・十和田・八戸 Javaプログラミング能力認定試験講座:マンツーマン授業風景 ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・十和田・八戸 Javaプログラミング能力認定試験講座:セミマンツーマン授業風景 ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・十和田・八戸 Javaプログラミング能力認定試験講座:集団授業風景
マンツーマンはずっと講師が隣にいます。 セミマンツーマン(個別指導)はほかの生徒さんと講師が話しているときは待っている時間があります。 集団授業では講師にすぐ質問するというよりはあとから質問する事が一般的です

Oracle Java Silver対策はどのように進めるの?

ソフトキャンパスの授業は「好きな時間に通うことができる」予約制になっています。 ○曜日の○時、という、きまった時間割は有りません。仕事をしながらの方は、夜や休日 を利用して、日中の時間に余裕のある方は早い時間に予定をとって、その時間に来校して いただき授業を受けるという流れです。予約の変更は前日までにお知らせいただければ 可能です。 講師が授業の進捗管理をしっかり行い、試験までのスケジュールを立ててカリキュラムを 進めていきますので、安心して試験日まで学習できます。

各種資格認定スクール

ソフトキャンパスは各種資格の認定スクールです

Pagetop