Webクリエイター能力認定試験スタンダード(HTML5)

Webクリエイター能力認定試験スタンダードとは、サーティファイ Web利用・技術認定委員会が実施する「Webサイト制作に必要なコーディングとデザイン能力を認証する資格」です。業界で最も受験者数が多い資格試験です。
Webサイト作成の基本となるHTML、CSSの知識を問う試験で、事務や一般職の方などがホームページの更新を行うことができるスキルの証となります。
またWebデザイナー、Webディレクター、WebプログラマーなどWeb業界へ転職や就職を目指している方には必須の資格であるWebクリエイター能力認定試験エキスパートを取得する足がかりとなる資格です。

ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・八戸 Webクリエイター能力認定試験スタンダードとは:イメージ写真

Webクリエイター能力認定試験スタンダードってどんな試験なの?

ソフトキャンパスで開講している講座はWebクリエイター能力認定試験(HTML5対応)はエキスパートとスタンダードの二つの難易度に分かれています。 Webクリエイター能力認定試験スタンダード(HTML5対応)は、Webサイトを作成する最も基本的なHTML、CSSを使用したセマンテックWebを理解し、HTML5をマークアップすることができる、CSSを用いてHTMLの構造を維持しつつ、Webページのデザインやレイアウトを表現することができることが問われる内容です。「今までホームページ作成を全くしたことがないが、会社のサイトを更新するためにHTMLやCSSの知識が必要になった」「パソコン初心者だけど、Web制作ができるようになりたい」など、Web初心者の方に最初にオススメする資格です。

◆スタンダード◆
Webサイト作成の基礎知識であるHTMLやCSSの意味や書き方を理解しサイト構築の基本ができる。
・Web業界でのキャリアをスタートさせる上での最初のステップ
・自社サイトの簡単な更新作業ができるようになるので、事務一般職の方のスキルの証明になります。
⇒事務職、Web初心者におすすめ
エキスパート
ユーザビリティやアクセシビリティを考慮したWebデザインを作成し、スクリプトを用いた動きのあるWebページの表示、マルチデバイス対応、新規Webサイトを構築することができる。
・Webクリエイター、Webデザイナー、Webプロデューサー、Webディレクターなどを目指すために必要なスキルの証明となります。サイト構築のより実践的なスキルの証明なります。
⇒WebクリエイターなどWeb業界へ就職・転職を目指している方におすすめ

Webクリエイター能力認定試験スタンダードはどれくらいの難易度なの?

これからHTMLやCSSなどWebサイト制作の勉強を始める方には難易度やどんな問題が出題されるのかイメージが付きにくいですよね。Webクリエイター能力認定試験スタンダードは得点率が65%で合格できる資格なので、基本をしっかり理解していれば、合格できる資格です。
ただし、独学で学ぶとどのように勉強していけばよいのか、Webサイトで実際どのように使用されているなど実践的部分が理解できないことがあるため初心者にはハードルが少し高い資格です。
試験内容は、HTML5の変換、HTMLの作成、CSSの読込と作成、画像の表示や、与えられたWebサイトデータを問題に従いHTML、CSSを入力し編集する実技問題となります。
ソフトキャンパスではWebクリエイター能力認定試験スタンダードの勉強の前に、自社オリジナルテキスト を使用し、HTML、CSSの意味や使用法をしっかり指導します。基礎がしっかり理解できてから試験対策を行うことにより効率よく資格取得まで進むことができます。

Webクリエイター能力認定試験スタンダートをソフトキャンパスで習う利点は?

試験の難易度はそれほど高くはありませんが、Webサイトを作成するための言語HTML、CSSを学ぶ必要があります。パソコン初心者やWebサイト制作が初めての方には勉強方法や実際の使用法などを独学では難しい資格です。
ソフトキャンパスの授業は全コースマンツーマン(1対1)授業ですので、「webサイトとは?から始めたい」初心者・未経験者でも、「HTML、CSS基礎はわかるので実際の記述の仕方が知りたい」経験者でも、どんなレベルの方にも対応します。
WebデザイナーやWebプログラマーとして活動しているプロの講師が、実際のサイト制作の経験を交えながら、一人一人のペースに合わせて丁寧にお教えします。パソコン初心者でもWeb業界への転職、就職が目指せるまでのスキルが身につけられます。
プロとして活動しているから、サイト更新のトラブルの対処法やWebサイトの新技術や流行についての話もたくさん聞けます。

Webクリエイター能力認定試験スタンダートが、どうして短期間で取得可能なの?

完全1対1のマンツーマン授業なので分からないがその場で解決できるからです!
「集団指導」や「個別指導」(1対複数)の授業では、自分のタイミング質問が出来ないことが多くその日に質問できないこともあります。わからない所が解決するまで、待つことになるので進みも勉強の進み遅れます。
ソフトキャンパスでは1対1のマンツーマン授業なので、不明点はその場で解決でき、試験で効率よく問題を解く方法など試験対策を行いながら勉強が進められます。
理解が早くできているところは授業を早く進めたり、理解が難しい部分ではゆっくり進めるなどそれぞれの理解度に合わせて授業を進められるので、短期間に効率よく授業ができます。先生が隣にいるソフトキャンパスで勉強する大きな利点です。

■マンツーマンだから解決が早い

1対1の授業だからテンポや集中力が切れずに勉強できることが一番の大きな特徴です。

ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・八戸 Webクリエイター能力認定試験講座:マンツーマン授業風景 ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・八戸 Webクリエイター能力認定試験講座:セミマンツーマン授業風景 ソフトキャンパス新宿・仙台・青森・弘前・八戸 Webクリエイター能力認定試験講座:集団授業風景
マンツーマンはずっと講師が隣にいます。 セミマンツーマン(個別指導)はほかの生徒さんと講師が話しているときは待っている時間があります。 集団授業では講師にすぐ質問するというよりはあとから質問する事が一般的です

Webクリエイター能力認定試験の授業の進め方とテキストは何をつかっているの?

ソフトキャンパスではWebクリエイター能力認定試験のテキストは講師が選別し、習得しやすいものを選びます。合格者を何人も送り出してきたソフトキャンパスの講師陣だからこそ一番最適なものを選択できます。
講師が選別したテキストを使用し、HTML、CSSの基本知識から試験対策まで1対1のマンツーマン指導で試験合格までしっかりサポートいたします。

各種資格認定スクール

ソフトキャンパスは各種資格の認定スクールです

Pagetop