やりたいを仕事に!当校は認定試験会場です!
WEBデザイン・ITの資格

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験とは?

Webクリエイター能力認定試験とは、サーティファイWeb利用・技術認定委員会が実施する「Webサイト制作に必要なコーディングとデザイン能力を認証する資格」です。スタンダード(初級)とエキスパート(上級)に分かれており、業界で最も受験者数が多い検定試験です。

スタンダード(初級)では、Webサイト作成の基本となるHTML、CSSの知識を問われるため、事務や一般職の方などがホームページの更新を行うことができるスキルの証明となります。またエキスパート(上級)は、Webサイト制作に必要なスキルを総合的に持っていることを証明できるため、未経験からWebデザイナー、Webディレクター、WebプログラマーなどWeb業界へ転職や就職を目指している方には必須の資格です。

参照元:Webクリエイター能力認定試験公式サイト

Webクリエイター能力認定試験の難易度や種類は?

Webクリエイター能力認定試験にはスタンダード(初級)とエキスパート(上級)の2種類に分かれています。ソフトキャンパスのWebスクールでは、スタンダード(初級)とエキスパート(上級)の両方が受験可能となっており、普段と同じ環境で受験できるため、安心して試験に臨むことができます。

Web関係の求人に応募したいなら!「Webクリエイター能力認定試験スタンダード(初級)」

Webクリエイター能力認定試験スタンダード(初級)は、Webサイトを作成する最も基本的なHTML、CSSを使用したセマンテックWebを理解し、HTML5をマークアップすることができる、CSSを用いてHTMLの構造を維持しつつ、Webページのデザインやレイアウトを表現することができることが問われる内容です。試験形態は実技試験のみで、得点率65%以上で合格となります。
「今までホームページ作成を全くしたことがないが、会社のサイトを更新するためにHTMLやCSSの知識が必要になった」「パソコン初心者だけど、Webデザイナーとして在宅で仕事ができるようになりたい」など、Webの求人に応募したい、初心者の方に最初にオススメする資格です。

ウェブデザイナーとして活躍したい方必見「Webクリエイター能力認定試験エキスパート(上級)」

Webクリエイター能力認定試験エキスパート(上級)は、レイアウト手法や色彩設計等、ユーザビリティやアクセシビリティを考慮したWebデザインを行う事ができる、また、スクリプトを用いた動きのあるWebページの表示やマルチデバイス対応、新規サイトをゼロから構築できることが問われる内容です。試験形態は知識問題と実技問題で、知識と実技の合計得点率65%以上で合格となります。
HTML、CSSに関する深い知識と証明Webサイトの構築管理能力の証明となるので、Webデザイナー、Webディレクター、WebプログラマーなどWeb業界へ転職や就職を目指している方、広告グラフィック・Webサイト制作関連のお仕事をされている方にはオススメです。

Webクリエイター能力認定試験の出題範囲は?

ソフトキャンパスのWebクリエイター試験対策講座では毎月1回試験を実施しています。Webサイトを制作するために必要なHTML・CSSといったプログラムに関する知識や、Webデザイナーや、エンジニアに必要なコーディング能力を証明できる資格です。技術の面だけでなく、サイトの情報管理やデザインスキルを有していることも証明できる検定です。Webマーケティングやアクセス解析、Webコンサルタントの仕事にも活かせるため、Webデザイン講座の中でも合格率が高くおすすめの資格です。

○出題範囲

1 制作環境 ファイルの種類やブラウザーの操作などを問われます。
2 Webサイトの構成と設計 レイアウトの知識やユーザビリティなどについて問われます。
3 HTML プログラミングの知識や、タグに関する知識などについて問われます。
4 CSS スタイルの知識や、デザインに関する知識について問われます。
5 ビジュアルデザインと配色 ビジュアルデザインや配色の知識、画像加工の操作について問われます。
6 運営と管理 サイトマップやプライバシーポリシー、アクセス解析などの情報管理について問われます。

ソフトキャンパスのWeb講座は何が良いの?

Webデザイン学校のソフトキャンパスは、全スクールがマンツーマン(1対1授業)です。もちろんWebクリエイター試験対策講座も当てはまります。初心者からでも、基礎はいらないという方でも、どちらの方でも大丈夫です。
例えば、Webクリエイター能力認定試験エキスパート(上級)を取得したいとなると対策講座は15時間で終わります。難易度が高くても、なるべく早く勉強は終わりたい!というのが本心。試験に合格するノウハウをしっかりと詰め込みます。出来ているかどうか心配という方や、家で勉強ができないという方には学校のフリースペース(練習スペース)の利用をおすすめしています。

■Web講座ではどうしてそんなに早く取得できるの? やっぱり答えはズバリ、マンツーマンの講座だから。集団授業や個別授業のように他の人に合わせたり、講師を待っている時間がありません。マンツーマンは集団授業の半分の速さで学習が可能です。パソコン初心者でもWebデザイナーとして業界への転職・就職が目指せるまでのスキルが身につけられます。
■学校で使っているのはなにか特殊なテキストなの? これもYESです。HTML・CSSの講座では試験の難易度に合わせ、ノウハウをギュッと詰め込んだオリジナルテキストを使用します。「webサイトとは?から始めたい」初心者・未経験者でも、「HTML、CSS基礎はわかるので実際の記述の仕方が知りたい」経験者でも、どんなレベルの方にも対応します。
WebデザイナーやWebプログラマーとして活動しているプロの講師が、実際のサイト制作の経験を交えながら、一人一人のペースに合わせて丁寧にお教えします。プロとして活動しているから、サイト更新のトラブルの対処法やWebサイトの新技術や流行についての話もたくさん聞けます。

Webスクールではいつもの環境で試験を受けられます

Webクリエイター認定試験スタンダード(初級)、エキスパート(上級)は、毎月1回実施されます。 ソフトキャンパスのWeb講座は全ての学校が試験会場として認定されているため、各教室で試験を受けていただくことができます。

Webクリエイター能力認定試験

Webデザイナーを目指す方々に聞いてみました!

なぜWebクリエイター能力認定資格を取ろうと思ったのですか?

手に職をつけ、Webデザイナーとして転職するためにソフトキャンパスのWeb講座を受講しました。求人を見たときに将来性を考え、Webのスキルと資格があれば仕事に困らないのではないかと思い始めました。模擬問題を何度も練習して試験に臨みましたが、初級よりも上級が時間が足りなくなりあまり自信がありませんでしたが、無事に資格を取得できて嬉しいです。

なぜWebデザイン講座を受講しようと思ったのですか?

最初はソフトになかなか慣れず、操作も遅いため、自分には難易度が高かったかもと諦めかけましたが、先生に根気強く教えていただきました。様々な質問に答えてくださり、前に一度教えていただいた内容を再び尋ねても最初から丁寧に教えていただきました。2種類の資格を取得できたのもひとえに先生方のおかげです。これでWebデザイナーの求人にも応募できます。ありがとうございました。

コースのご紹介

  • 簿記の資格
  • MOS(Word・Excel・PowerPoint)
  • 医療事務の就職に役立つ資格
  • CAD(Auto CAD・JW CAD)
  • Webデザイン・HTML・CSSなど
  • DTPオペレーター・デザイナー向けの資格
  • ネットワーク系の資格
  • プログラム・プログラマー向けの資格
  • 企業研修(中小企業・助成金が使える研修)
  • 国家2級検定キャリコン(キャリアコンサルタント)
  • シニア専門パソコン教室
  • 小学生のためのロボット教室・プログラム講座

PAGE TOP